2007年12月09日

宇波拓来阪

うなみかず.jpg




12月のライブ、二発目をお知らせします。

実は、来週なんですよね。

みなさん来てください!!!




『Solos #1』

出演:宇波拓 、 木下和重

 今(そして個人的に)話題の音楽家をお招きして、ソロ・パフォーマンスをじっくりと堪能するイベント『Solos』。どっかで聞いたことあるイベント名だって?まぁ、固いことは抜きにして。第一回は、東京フリー・ミュージック・シーンの中心的存在、ヒバリ ミュージック主宰の宇波拓氏をお招きします。彼は東京だけでなくヨーロッパやアメリカなどでも活動を行い、海外アーティストの日本での窓口にもなる男。コンピューターの演奏でこんなにかっこいい演奏は見たことも聴いたこともありません。バンドでは「ホース」「ONJO」「かえる目」などでもお馴染みですね。関西で彼のソロ・パフォーマンスを聴く機会はほとんど無いので、お見逃しなきよう、ご期待ください。


会期:2007年12月12日(水)
会場:FUKUGAN GALLERY
   大阪市中央区西心斎橋1-9-20 4F T/F 06-6253-3266
時間:20時から
料金:1500円 ワンドリンク付き


posted by kinok at 04:12| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

Paterson / 木下 / 川口

かえる目の次の日は、川口貴大氏の企画に出演します。
彼は、インスタレーションやフィールドレコーディングを主軸に活動する、
今最も注目するアーティストの一人です。
こちらの写真をご覧下さい。
http://www.flickr.com/photos/takahirokawaguchi/
魅惑的な写真が並んでますよね。
大量のタイマーによって、時間が分断されていく様は圧巻です。

そして、ロンドンからお越しのケイティさん。
私は初対面なのですが、どんなレクチャーをしてくれるのか楽しみです!

予定調和ではない、とても刺激的な夜になることは間違いありません。
みなさんお待ちしております。




11月30日(金)
Paterson / 木下 / 川口


ロンドンよりサウンドアーティストのKatie Patersonさんがやってきます。
本公演では、Katie Patersonさんのレクチャーの他、
神戸のバイオリン奏者木下和重さんのソロ、川口のソロパフォーマンスを行います。

11月30日(金)
19:30開場 20:00開演
2000円+ドリンク
千駄ヶ谷 Loop-Line
http://loop-line.jp/

Katie Paterson
木下和重
川口貴大

posted by kinok at 08:48| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

オススメ演奏会

紹介が遅くなりましたが、ヴァンデルヴァイザー楽派の代表的作曲家、

アントワーヌ・ボイガー、ラドゥ・マルファッティ、マンフレッド・ヴェルダー

による来日公演が、昨日から行われています。

日本ではまだまだその実像が知られていない彼ら。

やれ音数が少ないだの、やれ曲が長いだの、

そんな上っ面な現象面でしか捉えてないと、とんでもないことになりますよ。

来日公演サイトにも書かれてありますが、

「演奏される現場に立ち会ってはじめて体験されるもの」

がそこにはあるのです。

この貴重な機会を逃してはなりませんよ!



私も何とか行こうとしてたのですが、諸事情で行けません・・・悔しいもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)



場所は、東京の明大前キッドアイラックアートホールです。

開演時間が17時と、少し早いのでご注意を!!




来日情報 http://wandelweiser.hibarimusic.com/

オフィシャルサイト http://www.wandelweiser.de/
posted by kinok at 06:49| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

いつのまにやら告知へと・・

先日、凌ぎの仕事に行ったときのこと。
次から次へと続くアクシデントに、ほとほとまいりました。。。

 
 朝、乗るつもりだったバスが目の前で通り過ぎる
 ↓
 iPodの充電切れてた
 ↓
 仕事中に右手人差し指を切り、出血
 ↓
 コンビニで買った中華弁当の醤油の袋を切り損ね、飛散
 ↓
 あわててしまいシューマイが落下
 ↓
 激しい夕立ちにあい、びしょびしょ
 ↓
 しょーもない残業
 ↓
 ライブのチラシの日付を間違えてたことが発覚、既に配布済み


俺は電王の良太郎か!っていうくらいヒドい一日でありました。

が、
最後は私のミスですよね・・・



というわけで、なんのチラシかというと、来月のcom+positionだメ〜ン!
いやはや、通称コムポジも四回を迎えることになりました。
毎回素晴らしい作品に出会ってます。発見と喜びがそこにはあります。
作曲者それぞれの作曲法があって、故に記譜法も全く異なるんだけど、音楽の構造的側面の焦点化、それに付随する素材の扱い方や時間なんかは、あるていど共有されているため、コムポジならでは!って感じのイベントになっております。

前回に引き続き、今回も東京からゲストをお迎えしますよ!
直島君は、ミキサーを楽器として使用する若手注目株のミュージシャン。酒を愛しすぎるのがたまにキズ。先日もらった彼のメールに、「音色は色々なヴァリエーションが出せます」と書いてたので、音色に焦点を当てた音響的な楽曲が聴かれるのではないか、と予想しておりますよ!

彼の詳細は以下のサイトへGO!
http://www.geocities.com/tanzaque/







2007. 10. 7(sun.)


「com+position4」  

at 本町 chef d'oeuvre

江崎將史 compose, trumpet
木下和重 compose, violin
竹内光輝 compose,flute

ゲスト
直嶋岳史 compose,mixing bord

開場15:00
開演15:30

料金1500円(1ドリンク付)


大阪市西区阿波座1-9-12 tel 06-6533-0770

(四ツ橋線本町駅23番出口から四ツ橋筋を南へ、3つめの筋を西へ、チコ・マートを過ぎて50mほど歩いた 右側です)






告知は黄色い文字にしたんですが、見えますか?

今回は日曜の早い時間に開催します。
終わってからも時間の余裕があると思うので、ご歓談とかしましょう。
みなさん、是非お越し下さいどんっ(衝撃)



木下和重
posted by kinok at 12:50| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

9月のライヴ情報

東京から帰ってきました。
お世話になった皆様、ほんとありがとうございます!
明日からまた頑張ります。


で、来月も東京に行くのであります。
ドラマーのDEATHANOVAさんのイベントです。東京にいた頃は、公私ともにお世話になっておりました。最近のDEATHANOVAさんはドラムや人体からレーザービームを発しながら演奏を行うとか。そして、女子モテしてるという噂も!!!!ううむ、共演が楽しみでなりません。あ、もちろん演奏がですよ。二人で演奏するのは久しぶりなもんですから。私も負けずに、人体発火でもしましょうか。しませんよ!

今回は、エフェクター装備のcalifornia18スタイルで暴れます。


共演の方々は、ドラマーばかりです。
なにげに凄いイベントですよ、これは。
DEATHANOVAさんの男気を感じます。

DEATHANOVAさんのマイスペースで、動画見れますよ。
http://www.myspace.com/deathanova





2007/09/28(fri)
千駄ヶ谷Loop-Line


"archetype"
DEATHANOVA x 木下和重 (from california18、かえる目)
w/服部 正嗣 (drums) from Ryusenkei-Body
さゆ キャンディ (drums) from applehead、BoneMachine
松山陽子 (installation)
open 19:00 start 19:30
charge 1,500yen
posted by kinok at 02:36| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

8月のライブはこれだけ!

過去のライブ画像とかアップしたいんだけど・・・
忙しさにかまけて・・・

昨日は、Yuko Nexus6さんのプロジェクトに参加してきました。
録音ももちろんするんですが、昨日は出演者のアーチスト写真、
略して「アー写」なるものを撮影しました。

いや、これが笑えます。
ソファーに座って、ヴァイオリンを抱いてます。
ヴァイオリン王子です。
いや、ヴァイオリン没落貴族でしょうか。。。
ものうげな私に仕上がりました。
これでモテモテです(爆)
許可がでれば、こちらでも披露したいと思います。
いや、しないほうがいいかも・・・




てなわけで、今月はライブこれだけです。
しかも東京です!
でもトータルすると、東京のほうがライブ、多いかもしれませんね(笑)




2007年8月18日(土曜)

LOOP LINE 千駄ヶ谷


川口貴大/宇波拓/木下和重 トリオ

小田寛一郎/直嶋岳史/アスナ トリオ

open 19:30 start 20:00

1800yen (+ 1 drink)







字を大っきくしてみました。
フィールド・レコーディングを主軸にアプローチを行う川口貴大氏の企画です。ホースが絶好調の宇波拓氏とのトリオで出演します。自分で言うのもなんですが、これは聴いてみたい。

毎日毎日暑くてやんなっちゃいますがふらふら
ライブに来れば涼しくなるとは言いませんががく〜(落胆した顔)
お気軽にお越し下さいわーい(嬉しい顔)





木下和重
posted by kinok at 13:16| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

一対一即興イベント「サイのメ」

大阪VS京都 ! 一対一で共演する即興音楽イベント!!!
という謳い文句のイベントに参加することになりました。
え?大阪?はい、大阪の一員で出演します!
ま、いいじゃないですか(笑)


今回はかなりアグレッシブな演奏になるでのしょうか。そうなれば、伝説となった昨年初頭の今井和雄トリオでの演奏(なってるハウスにて)が甦ることになりますよ。


アバンギルドのサイトには私の名前はありませんが、心配しないで下さい。


どうやらトップバッターらしいので、
みなさん遅刻しないでね。
日曜だし、観光してからとかどうでしょう。
はい、そうします!





一対一即興イベント
「サイのメ」

2007/07/29(Sun)at 京都UrBANGUILD

木下和重 ― イガキアキコ
OORUTAICHI ― コズミック海岸
森山ふとし ― 吉岡哲志(Llama)
西川文章 ― night terror

OPEN 17:00
adv. ¥1,800 with 1drink
door ¥2,300 with 1drink

チケット予約
UrBANGUILD http://www.urbanguild.net/ 075-212-1125
posted by kinok at 11:07| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

今月のライブ

さて、お知らせです。
今月は、3本ライブがございます。
お越しやす!



<1>

Bryan Eubanks / Bonnie Jones / Joe Foster Japan tour


場所:FUKUGAN GALLERY
日時:7月11日(水) 開場7時30分 開演8時00分
料金:1000円+1ドリンク
出演:Bryan Eubanks / Bonnie Jones / Joe Foster / 西川文章 / 木下和重



ソウル、ニューヨーク、ポートランド、ボルチモア等々、はなれた都市に点在しながら共同作業を続けてきた3名のエレクトロニクス奏者による日本公演。オープン・サーキット、つまり、剥き出しにした電子機器の基盤に直接触れておこる接触不良音による即興演奏を特徴とする。

ブライアン・ユーバンクス
1977年生まれ。現在はニューヨーク在住。98年、ポートランド在住時よりオープン・サーキットのアイディアを発展させ、アメリカ、ヨーロッパにてコンサートをおこなう。2001年よりレーベルRasbliuttoを主宰、ホン・チュルキ, チェ・ジュニョンなど、韓国のミュージシャンを含む多くの作品をリリース。
http://www.rasbliutto.net/bryaneubanks

ジョー・フォスター
トランペットとエレクトロニクス。ポートランド出身。2002年に米国より韓国へと移住。アストロノイズ、リュー・ハンキル、アルフレッド・ハルトなど、ソウルのミュージシャンと共演を重ね、Relay、Bulgasariといったインプロヴィゼーションのための企画に多数参加。一昨年、大友良英主宰でPIT INNにて開催されたアジアン・ミーティング・フェスティバルにつづき、二度目の来日となる。
http://joefoster.blogspot.com/

ボニー・ジョーンズ
1977年、韓国生まれ。ニュージャージーの農家のもとで育ち、現在はボルチモア在住。主としてデジタル・ディレイの基盤を演奏する。ジョー・フォスターとのデュオ"English"で活動するほか、ショーン・ミーハン、Sachiko Mなど共演者多数。
http://www.chelagallery.org/bonnie


東京ほか、ツアーの詳細はヒバリミュージックまで。




<2>

かえる目から飛び出したユニット、かえる属が初登場!!!!!!


「鳴る!鳴る!鳴る!Vol.1」
18:30 open 19:00 start
ACT:
ソウルドラマーズ
Won Jiksoo(RAP)横沢道治、池田安友子、光田臣、木村和人(perc)

Ba-DAM
TARA(Didgeridoo)NOKKI(perc)

STYLE
井上智士(baritone sax)塩入基弘(dr)

かえる属
かえるさん(vo,g)木下和重(vln)
ゲスト:Yuko Nexus6(三味線)

Zyanna Zyanca Saxophone Quartet
金子鉄心、樋野展子、白起歌済、河村光司(saxophone)

ポルタリングスカイ
炊飯ジャー、Tシャツ ほか
ADMISSION:
前売¥1700 当日¥2000(ともに+1ドリンク¥300)
INFO:
beyond_innocence_bridge@yahoo.co.jp







<3>

「com+position3」

出演:
古池寿浩
宇波拓

江崎將史
木下和重
竹内光輝

場所:
大阪FUTURO

時間と料金は、また追ってお知らせします。
posted by kinok at 23:31| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

明日の「com+position2」に関するお知らせ

毎度ありがとうございます。
昨日は再放送でやってた、「ランチの女王」の最終回でした。
このドラマを見ると、竹内結子ファンになります。
ドラマが終わると忘れるんだけど(笑)


さて、かえる目東京ライブレポートを書こうと思った矢先に、「ニュースだよ!ニュースだよ!たーいへんだよ!」とロッキーチャックのサミーばりに飛び込んできたニュースがございまして。。


明日(もう今日ですね)の「com+position2」ですが、竹内光輝氏が体調不良のため欠席となりました。私と江崎氏の二人でお送りします。濃密ですね。そういえば、江崎氏とは十年来の付き合いになりますが、二人だけでライブをするというのは今回が初めてですね。ひょっとしたら、この先もうないかもしれないので、来るべし!(キャバレーサンのCM口調で)



そうそう、江崎氏が所属するバンド、ホースのCDアルバムがリリースされます!!
リリース元のサイトでは、通販先行発売されてますよ。試聴もできますよ。

ホースのウェブサイト http://hose.hibarimusic.com/
リリース元のサイト http://www.faderbyheadz.com/

ホースを愛してやまない単なるファンからのお知らせでした!




おっと、最後の告知も忘れずに。


『com+position2』

作曲・演奏:江崎將史、木下和重


6月28日(木)午後6時30分開場、7時30分開演
大阪「カフェバー・ポコペン」


1,000円 + 1ドリンク・オーダー
posted by kinok at 04:09| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

急告

作曲の会「com+position」の第二回が来週開催されます。

他の芸術分野に比べると音楽は、メロディー、ハーモニー、リズムといった従来の価値観(感情表現も入るでしょう)に縛られているのが現状です。これを一旦ぜ〜んぶリセットすることで、もっと音楽の可能性が広がるんじゃないか、ってことで関西で日々奮闘する我々三人なのです。皆様、ぜひともお越し下さい。今回は簡単な説明でした。



『com+position2』

作曲・演奏:江崎將史、木下和重、竹内光輝


6月28日(木)午後6時30分開場、7時30分開演
大阪「カフェバー・ポコペン」


1,000円 + 1ドリンク・オーダー
posted by kinok at 01:28| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

かえる目インフォメーション

す、すいません・・・約一ヶ月ぶりの更新になってしまいましたがく〜(落胆した顔)

先月はレコーディングで、東京に行ってきました。

 「え?何のレコーディングだって?バンド?CD出るの?」

あ、気になっちゃう感じ〜?

おこたえしましょう。そ、それは、


かえる目です。


そこ、ぽか〜んとしてる人!今回は許します。
(慣れない高飛車な上から目線。おおお、実は高身長なのでいつも上から目線だった!)


かえる目とは、


 vocal, guitar: 細馬宏通
 guitar: 宇波拓
 violin: 木下和重
 percussions, clarinet: 中尾勘二

かえるさんこと、細馬宏通の作詞作曲と不安定なボーカル、宇波拓・木下和重・中尾勘二によるつつましくも練達の演奏によるカルテット。音量の少なさと低音の欠落を特徴とし、ホームパーティー、もしくはホームに似た場所での演奏、そしてホームレコーディングを得意とする。詞曲は荒井由実の影響を強く受けており、そのことは、メジャー7thと、C -> Gm7 on Cの多用に顕著である。曲のほとんどは、作成時にはボサノヴァの形式をとるが、不思議なことに、できあがるころには全く異なる楽曲に変化していることが多い。


以上、公式HPより引用しました。
アドレスは、こちら http://12kai.com/kaerumoku/index.html
トップ画像が、底抜けに楽しいですよわーい(嬉しい顔)


そうそう、その先月レコーディングしたものが、mapレーベルさんよりCDリリースされるのです。7月予定とのことです。タワーとかに並ぶんでしょうね。インストアとかやったら笑えますね!


かえる目がみんなのうたで流れて幼児(!)にバカうけ、NHK貢献度を引っさげて紅白出場。司会の藤原紀香と鈴蘭台話で意気投合し、彼女のホームパーティーにお呼ばれ。そこで彼女の後輩のタレントさんと意気投合、ヴァイオリンで一曲披露するもその後発展せず・・・という夢を昨日見ました。

ぽか〜ん

かえる目万歳




そんな(ってどんなやねん)かえる目がライブをします。

しかも来週末!!!

詳細を主催のmapさんのサイトからコピペします。



2007年6月16日(土)/17日(日)
昼3時半〜夕刻9時半
於:東京・白金高輪正満寺【浄土真宗】※普通のお寺ですので、直接のご連絡はお控えください。
お代:各日 2,500円(前売)/2,800円(当日)
【前売りは、ticket@mapup.netまで、日時と枚数、お名前を明記の上ご連絡ください。追ってご連絡させていただきます】

■出演(予定につき、多少の変更の可能性もあります)
●16日(土)
【地下フロア】
○サスペリア(大阪)
 異能・吉田やすし率いる大阪が誇るハードコア・オペラ・バンド。ジャズからノイズまでをグッと一飲み。“まったく聴いたこともなかった”音が、目の前に現れるこの感動。
○54-71(東京)
 極端にストイックに、そして極端なまでにハードに。このトリオでしか出せない圧倒的なビートと流れ出る鼻水の量は、もはや伝説。
○M.A.G.O.(東京)
 近場の商店街のお姉ちゃんのようなふりをして、ソニックユースのフロントアクトを軽く務める爆裂フィメール・デュオ
○三田村管打団?(神戸・大阪)
 大阪・神戸が誇る、15人編成のてなもんやブラスバンド。11人の見目麗しき女性陣にもかかわらず、強烈にアッパーなビートを聴かせる。
○ヒネモス(東京)
 “大人の遊園地”とのキャッチコピーも嘘ではない、鈴木慶一も絶賛したどこまでも楽しき11人編成の楽団。シンプルでいて複雑。濃厚でいてキュート。

【アコースティック・フロア】
○lake(東京)
 細野晴臣バンドのベースも務める伊賀航と長久保寛之を核とした4人組。透明感のある歌声を音数少なく支える闇の月夜を想起させる世界。
○かえる目(彦根)
 無駄知識の権威・細馬宏通が、40歳を過ぎて歌い始めた4人組。バックを支えるのは、宇波拓、中尾勘二、木下和重と強者揃い。“おっさんの体にユーミンが宿る!”
○イノウラトモエ(大阪)
 大阪を中心に活動を続けるフィメール・クレズマー・トリオ。クレズマーの哀愁ある旋律をガレイジィなサウンドでくるめた強い音楽。
○GO FISH(名古屋)
 名古屋を代表するハードコアバンドNICE VIEWのヴォーカリストであるショータによるソロ・ユニット。NVとはとは異なる静謐な世界と美しいメロディは、彼独自のもの。
○長谷川健一(京都)
 京都の街でノイズ好きだった彼が歌を紡ぎ始めたのは、まだ3年ほど前。倍音の多い歌声と独自の詩世界で確実にファン層を広げつつある彼の初の東京ライヴ。

●DJとお喋り:小林英樹(some of us)×福田教雄

●17日(日)
GELLERSファースト・アルバム発売記念

【地下フロア】
○GELLERS(東京)
 西東京を代表する(のか?)ハードコアでポップなロックバンド。名手・トクマルシューゴを擁しながら、グダグダの酔いつぶれ方をする愛らしくも蒼きサウンド。
○テニスコーツ(東京)
 パステルズとの共演盤をリリースするなど、今年は海外でのライヴばかりが続くテニスコーツをツアーの合間にキャッチ。さやの歌声とウエノのサックスが絡み合う天上の音楽。
○nhhmbase(東京)
 東京アンダーグラウンド・シーンの若きホープであり、濃厚なオーラを発し続ける4人組。盟友ゲラーズの発売記念に駆けつける!
○2UP(東京)
 DMONSTRATIONSのメンバーとしてアメリカで活動を続け、絵描きとしても知られる俵谷哲典(g, vo)とハードコアなビートを叩き出す中野ケーイチによるデュオ。

【アコースティック・フロア】
○ホース(東京)
 東京・フリー・ミュージック・シーンの中心になりつつある奇才・宇波拓を中心としながらも、脱臼した音で魅せる不定形グループ。HEADZよりの新作を引っ提げ登場。
○ノアルイズ・マーロン・タイツ(東京)
 戦前音楽マニアたちが、生楽器を手にして緩い演奏を繰り広げ初めて早幾年。希代のBGM音楽家たちが、しっかりとしたミュージシャンへと変貌? どうなの?
○三田村管打団?(神戸・大阪)
○popo(大阪)
 オルガン、トランペット2本、それだけのシンプルな演奏にもかかわらず、淡い世界から極端な混沌までを産み落とすチェンバー・スカ・バンド。ジョン・マッケンタイアも絶賛!
○E*Rock(USA/現在スケジュール調整中)
 アメリカはポートランドから、トイ・エレクトロニカ界の異端・オーディオ・ドレッグスのE*ROCKが急遽来日。前後の個展に合わせたキュートな世界観を聞け!

●DJとお喋り:田口史人(円盤)×小田晶房




かえる目は、16日(土曜日)に出演します。

みなさん、お寺で会いしましょう!
posted by kinok at 16:43| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

california18は今日ですよ!

さてみなさん、忘れてませんか?
本日10日は、神戸ビッグアップルにて、

california18のライブがありますよ!

新曲がね、まじカッコいいです。やばいぜ!!
ドラムの金属音を主体とした細かく分裂気味のドラムンベースビートとブギーなベースリフがポリリズムになってて、フィルターギンギンの我が愚息(ヴァイオリン)も昇天!みたいな。でも地味な感じの曲です。聴きに来てよね!



5月10日(木曜日)

california18 LIVE

崎山和弘(ds) 和田良春(b) 木下和重(vln)

場所:神戸 LIVE HOUSE BIG APPLE
開場:18時30分 開演:19時30分
前売:1,800円 当日:2,000円



 エスニック・フレーバーなドラム
 パーカッシヴでメディテイトなベース
 スペイシー&ノイジーなヴァイオリン
 これが california18 のアーバン・エスニックスタイルだ!!
posted by kinok at 03:42| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

ダンス×ミュージックパフォーマンス 「シオウマ - Salt Horse」

5月は3本ライブがあると先日書きました。
california18、作曲演奏会シリーズ「com+position」ときて翌週、
大阪フェスティバルゲートにあるブリッジで、ダンスとのコラボレーションに参加します。異種格闘技は久々なので、興奮します雷 まあ、異種かどうかはお楽しみですね。皆様のお越しを、お待ちしております!




ダンス×ミュージックパフォーマンス
「シオウマ - Salt Horse」

出演:
ベス・グラジック(ダンス)
コリー・ベフォート(ダンス)
アンジェリーナ・バルドズ(音楽)
ジェイソン・E・アンダーソン(音楽)

ゲストミュージシャン:
ティム・オリーヴ
木下和重
西川文章
ほか

日時:
5月15日(火曜日) 開場19:30 開演20:00



場所:
新世界ブリッジ
beyond_innocence_bridge@yahoo.co.jp

料金:
¥1500(1ドリンク付き)

info:
http://www.makejetsilent.com/salthorse/
http://www.cBefort.com/

2005年よりアメリカ・シアトルと日本を拠点にしたアメリカ人ダンス×ミュージックアーティスト4人によって制作が行われ今回初演される「シオウマ」は、即興・振付・作曲された音楽・映像から成り立ち、これまで4人のアーティストが国際的に手掛けてきた 数多くのダンス×ミュージック作品の中でも最高作と評判の作品。
今秋アメリカでも上演予定。
posted by kinok at 04:43| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

チンタラしてたらいけませんね

のっぴきならない事情で思考停止してたら、ご無沙汰になっちゃいましたたらーっ(汗)名古屋のレポートもしたかったのですが、遅すぎますよね・・スイマセン

そう、次のライブのお知らせをしなくてはならないのです!!!!!
5月は3本あります。まずはこちら!



5月10日(木曜日)

california18 LIVE

崎山和弘(ds) 和田良春(b) 木下和重(vln)

場所:神戸 LIVE HOUSE BIG APPLE
開場:18時30分 開演:19時30分
前売:1,800円 当日:2,000円



 エスニック・フレーバーなドラム
 パーカッシヴでメディテイトなベース
 スペイシー&ノイジーなヴァイオリン
 これが california18 のアーバン・エスニックスタイルだ!!


というような、クサいコピーを作ってみました。

今回もアゲアゲなライブ&トークですので、是非是非お越しください

マジやばすぎダゼ!(笑)


あ、そうそう。
california18のmyspaceを作りましたヨ〜
http://www.myspace.com/welovecalifornia18
使い方は、今イチわかってません。
posted by kinok at 06:00| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

名古屋に行くだがね〜

名古屋まで出張となりました。
名古屋は去年の11月に行って、お気に入りの街になりました。
どら楽しかったでよ〜


フランスから来るジャン=フィリップくんとは、約3年前にフランスで会っていらいのお友達。時々メールなんかしたり。彼はビール大好き人間で、日本に来た時は一緒に飲んで、無理難題をふっかけられて隣のテーブルの・・・っとこれはオフレコで。とにかく、いいやつですよ。お茶目さんです。


中部地方にお住まいの紳士淑女のみなさん、是非お越し下さい。
一緒にパルルでピールを飲みましょう!パルルは生ヒューガルデンがあるでよ!




《Xavier Charles、Ivar Grydeland 、Jean-Phillippe Gross
  ―ジャパンツアー 名古屋公演》

出演:Xavier Charles、Ivar Grydeland 、Jean-Phillippe Gross
木下和重、西出剛大、オシロスコッティ他

場所:カフェ・パルル


日時:4月11日(水) 18:00開場 19:30開始

前売:1500円 当日:1800円
予約:eat.a.lot@canolfan.com
   Cafe Parlwr 052-262-3629
posted by kinok at 05:00| Comment(2) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

コンステレーション いよいよ本日!

いよいよ本日となりました!!
皆様、是非ともお越し下さい!

コンステレーションは、日本語では星座です。
星で星座を作るように、聴く人が音を自分なりの音楽にしてくれたらと思って、このイベントを企画しました。音の関係性を自分なりに構築していくことは、音の視覚化ということにも繋がると思います。

聴き方を限定するのはいかがなものかと思ったりもするのですが、そうもばかり言ってはいられませんよね。自由だ自由だとお題目を唱えるだけじゃなく、何か具体的な手がかりを提示して、それを出発点にすればいいんじゃないかと。星座というメタファーで、聴取の意識付けを行う試みです。

音が大きかったり、見た目が面白かったり、クライマックスがあったり、予定調和なアンサンブルがあったり、、、っていうことは全くありませんが、それを面白がれる人がもっと多くなればと、星に願って・・・

出演者の名前にリンクを貼っておきました。
チーッ!とつちのこのように飛んでいってください。


ではでは皆様、是非ともお越し下さい!


木下和重



<コンステレーション> 第一夜 触


出演:西川文章 guitar
   yuzo kako computer
   和田良春 piano
    声
   甲田徹 E.bass
   木下和重 violin
   



場所:新世界ブリッジ  Tel 06-6634-0080

日時:3月18日(日曜)
開場:19:00 開演19:30
料金:2,000円(1ドリンク付き)
問い合わせ:beyond_innocence_bridge@yahoo.co.jp
posted by kinok at 00:56| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

3月ライブのお知らせ

3月は、渾身の企画があるのです。

「コンステレーション」という名のイベントです。

星座を作るように、音楽を聴いてみてください。

みなさま、お待ちしております!!!!!




『<コンステレーション> 第一夜 − 触』

コンステレーションとは星座のこと。

星座は、個々で存在する星々を、人間が恣意的に結びつけて生み出した想像の産物。
だから星座を、独立した存在に関係性を見いだし、意味を作り出す能力のことであるとも言える。これは人間の解釈行為でもあり、対象としての世界の有り様を示す。

音楽は音の集合体なのであり、それはコンステレーションであると、ジョン・ケージは言った。個人の演奏家が現出させる音、演奏家同士の音、沈黙という音を含めた音…演奏家が、聴き手がそれぞれ作り出すコンステレーション。


音楽とは、自分の星座を見つけること。


複数の音/演奏が時間を共有して同時多発的に起こる<コンステレーション>第一夜の視座は、『触』。これは四月にリリースされる、奏による詩と写真のポストカードブックのタイトル。

彼女の朗読が今宵の星座観測の手がかりとなるだろう。


企画:木下和重


出演:西川文章 guitar
   yuzo kako computer
   和田良春 piano
   奏 声
   甲田徹 E.bass
   木下和重 violin
   



場所:新世界ブリッジ

日時:3月18日(日曜)
開場:19:00 開演19:30
料金:2,000円(1ドリンク付き)
問い合わせ:beyond_innocence_bridge@yahoo.co.jp



posted by kinok at 00:28| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

魅力的なメンツが勢揃い

なんだかお知らせばかりでスイマセン・・・
二月後半は、怒濤のライブ続きなんです。
まんべんなくあると良いのですが、忙しい時は集中するもんですよね。

会場である「ギャラリーふじひら」さんでは、今回初めてやらせていただきます。吹き抜けで天井がやけに高かったり、壁に壷がいっぱい並んであったりと、興味津々です。

ロードリはロンドン在住のハーピストで、カヒミ・カリイのツアーで来日中でして、間隙をぬってのライヴ出演となります。お姉さんがヴァイオリニストで、2003年にロンドンを訪れたとき、彼女のお部屋でデュオを録音しました。データは彼女が持ってるらしいのですが、どうなったんだろう・・・

ジャン=リュックは去年も来日しておりましたが、今回はドラムの村山さんと日本ツアー中です。去年の来日時、宇波くんやマッティン、ベルトランらと神戸の我が家にお泊まりいただいたのですが、その時にお好み焼きを振る舞いまして、大好評でした。皆さんにも、機会があれば、ぜひ。


村山さん、ロビンは初対面となるのですが、すんごい!という噂は、私の耳にも届いております。今から楽しみでなりません。

そしてヒバリミュージック社長、宇波拓。彼にはほんと、お世話になってます。私の私生活をネタにして弾き語ってくれたりと、愉快な男です。彼の演奏は、毎回示唆に富んだ素晴らしいもので、私も刺激を受けまくりです。地底人についてわからないことがあれば、彼に聞いてください。

ではでは、よろしくです。


------------------------


2月20日(火曜日)

『g/m/h/d/u (kyoto)』

出演:ロードリ・デイヴィス (ハープ)
   ロビン・ヘイワード (チューバ)
   ジャン=リュック・ギオネ (サックス)
   村山政二郎(パーカッション)
   宇波拓(コンピューター)
   木下和重(ヴァイオリン)

場所:ギャラリーふじひら(京都市東山区五条坂)
電話:075-561-3024
開場:19時00分 開演:19時30分
料金:2,000円(ケーキ、飲物付き)
主催:Hibari Music
posted by kinok at 00:27| Comment(2) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

2月のライブ情報

初めまして、木下和重と申します。
記念すべき第一回は、今月のライブ情報をお送りします。
スロー更新になるかと思いますが、以後よろしくです。

では、ライブ会場でお会いしましょうexclamation



●●●


2月17日(土曜日)

"california18"
崎山和弘(ds) 和田良春(b) 木下和重(vln)

場所:神戸 LIVE HOUSE BIG APPLE
開場:18時30分 開演:19時30分
前売:1,800円 当日:2,000円 (+1ドリンク)

☆バンド名も決まり、初のワンマンライブです。
☆音楽はプログレ、テクノ、ノイズ、インプロ、エクスペリメンタルなどと称されますが、本人たちはいたって真面目な男衆です。


●●●


2月20日(火曜日)

『g/m/h/d/u (kyoto)』

出演:ロードリ・デイヴィス (ハープ)
   ロビン・ヘイワード (チューバ)
   ジャン=リュック・ギオネ (サックス)
   村山政二郎(パーカッション)
   宇波拓(コンピューター)
   木下和重(ヴァイオリン)


場所:ギャラリーふじひら(京都市東山区五条坂)
電話:075-561-3024
開場:19時00分 開演:19時30分
料金:2,000円(ケーキ、飲物付き)
主催:Hibari Music


☆詳細は、主催であるHibari Musicのサイトをご覧下さい。


●●●


2月24日(土曜日)

【音響派 コンサート(feedback)】

出演:木下和重(ヴァイオリン)
   江崎將史(トランペット)
   杉本拓(ギター、作曲)
   磯端伸一(アコースティックギター)


音響派は現在、日本の音楽に特有のジャンルとして認められています。このジャンルでは、音の組み立て方よりもそのテクスチャーが重視されており、電子音楽、電子音響音楽や即興音楽に由来する様々な要素が組み合わされています。音響派は、図式的に言えば、省略の美学だと定義できるかも知れません。つまり、沈黙とこれによって開かれる空間を通じて音楽的素材にアプローチし、「聴くこと」を音楽活動の中心に据えることです。ひとつひとつの音はそれ自体のために存在し、いかなる音楽的シンタックスをも参照することなく、別の音を力動的に待ち受ける過程で、時間を切り開き、時間を停止させるのです。

― Michel Henritzi

関西日仏学館内 稲畑ホール

☆なんと入場無料です!!!

@関西日仏学館
606-8301 京都市左京区吉田泉殿町8
Tel. 075-761-2105 Fax. 075-761-2106
京阪電車出町柳駅より徒歩12分/市バス「京大正門前」下車すぐ


●●●


2月25日(日曜日)

『composed music series 2oo7 vol.1 』

出演:杉本拓:guitar
   磯端伸一:guitar
   木下和重:violin
   江崎將史:trumpet

open18.00 start 19:00 
1500yen+1drink
場所:本町 chef d'oeuvre
大阪市西区阿波座1-9-12 tel 06-6533-0770

☆各出演者が作曲した作品を演奏する企画です。



posted by kinok at 21:37| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする