2008年09月24日

いよいよ明日 segments orchestra

さて、いよいよ明日です!


大勢でやると、ソロとは違って構造以外の側面がクローズアップされるかもしれませんが、それはそれ。何があぶり出されるのか、楽しみでなりません。みなさんも、ワクワクドキドキしてくださいね。 ループラインで会いましょう!



“segments orchestra”

木下和重の作曲作品”segments”を弦楽オーケストラ(?)で!

出演:木下和重、イトケン、宇波拓、公文南光、杉本拓、竹田和也、千葉広樹、杉本卓也

2008年9月25日(木)

19:30開場 20:00開演

2200円+ドリンク

千駄ヶ谷Loop-Line
http://loop-line.jp/

posted by kinok at 22:22| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

segmentsのしつらい

今、とある事情で、トヨエツが朗読している「イタリアのしつらい」を聞いてます。

噂に違わず、すごい、いや、エロいですね・・・たらーっ(汗)

anan 恐るべし・・




さて、上記のような官能的な催しもの、、ではございませんが、

「イタしつ」以上の刺激/衝撃があなたを襲う、

“segments orchestra” のライヴに来てみませんか!?

今回は弦楽オーケストラ ヴァージョンで、持続ノイズ音を全員で奏します。

もちろん出演者は、全員弦楽器を演奏ます。

イトケンさんや宇波くんも、今回は弦楽器奏者として登場です。

ご期待ください!








“segments orchestra”

木下和重の作曲作品”segments”を弦楽オーケストラ(?)で!

出演:木下和重、イトケン、宇波拓、公文南光、杉本拓、竹田和也、千葉広樹、杉本卓也

2008年9月25日(木)

19:30開場 20:00開演

2200円+ドリンク

千駄ヶ谷Loop-Line
http://loop-line.jp/
posted by kinok at 15:27| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

赤い爆走トレイン

昨日は京急に乗って横須賀方面に行ってきました。

京急に乗るのは二回目。

でも、やっぱり怖い・・

あのスピードは無茶ですよ!

車体の揺れも、尋常じゃありません。

昨日はじめて気がついたんだけど、窓が開かないようになってるのね!

新幹線と同じ理由でしょうか?

ボディの赤は、注意を喚起しているのでしょうね。おそろしい・・・

「かんき」と言えば、将棋の神吉さんを思い出します。




というわけで、ライヴ告知です!

当日お越しの皆様には、演奏されるsegmentsの楽譜が印刷された、

ポストカードを差し上げます!それを見ながら演奏を聴いてもらいますね。

このポストカード、数ヶ月前に大阪でやったレコ発ライヴの時に作ったのですが、

これが好評で(笑)個人的にも気に入っておりますので、ご期待ください!!





“segments orchestra”

木下和重の作曲作品”segments”を弦楽オーケストラ(?)で!

出演:木下和重、イトケン、宇波拓、公文南光、杉本拓、竹田和也、千葉広樹、杉本卓也

2008年9月25日(木)

19:30開場 20:00開演

2200円+ドリンク

千駄ヶ谷Loop-Line
http://loop-line.jp/
posted by kinok at 10:17| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

ライヴのお知らせ

ここんとこバタバタと忙しく、告知が遅れました。



個人的には、本年度最大級のビッグプロジェクトです。



先日、杉本拓さんと話してる際に、

「segmentsをオーケストラでやったら面白いでしょうね!」

みたいな話になって、なんと、それが実現することになりました!

今回は弦楽器奏者7〜8名程で、segmentsを演奏します。

杉本さんは、指揮者として登場です。

将来は、100人規模でやりたいなあー








“segments orchestra”

木下和重の作曲作品”segments”を弦楽オーケストラ(?)で!

出演:木下和重、イトケン、宇波拓、公文南光、杉本拓、竹田和也、千葉広樹、杉本卓也

2008年9月25日(木)
19:30開場 20:00開演
2200円+ドリンク
千駄ヶ谷Loop-Line
http://loop-line.jp/
posted by kinok at 11:14| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

これで7月はおしまい

7月最後のライブをお知らせします。


今週末の日曜です!


なんだか思い出したような告知で申し訳ありません。。
場所は、神戸はおなじみビッグアップルでございます。


前半は、音の出る電子回路を作らせたら天下一品!
神奈川県在住の"こってり職人"、鈴木學氏の電子回路を用いて4人が演奏します。

今回の出し物の目玉は、超音波センサーを使い、顔の表情筋を駆使して音を出す、というもの。超音波センサーカルテット!4人が顔をくねらせてる絵は想像しただけでも楽しみです。見ないわけにはいかないでしょう!

これがホントの電子音楽です。




後半は、即興です。
どうなるんでしょう、、、面白いに決まってます!


このライブ以降、関西でのライブが少なくなりますので、
お時間ありましたら、お越し下さい!







『電子回路のある音楽』

7月27日日曜日@Big Apple

鈴木學(electronics)
和田良春(bass,piano)
木下和重(violin)
西川文章(guitar,electronics)

開場 18:30 開演 19:30
料金 1,500円 + 1ドリンク
会場 神戸ビッグアップル
http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/
posted by kinok at 02:12| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

7月ライヴ

com+position 9


作曲と演奏 : 江崎將史 木下和重 竹内光輝
http://www.k4.dion.ne.jp/~onsitu/com_position.html

2008. 7. 13. sun.
開場 15:00 開演 15:30
料金1,500円(1ドリンク付)
会場 chef d'oeuvre
大阪市西区阿波座1-9-12 tel. 06-6533-0770
http://www.kansai.com/gourmet/G0001047


先月は私のsegmentsリリース記念コンサート&トークだったので、二ヶ月ぶりとなるcom+position。いよいよ9回目。まだ未体験な人は、今のうちにお越し下さいね。さもないと・・・。サムソナイト・・・。詳細はサイトでチェック!感想文や、写真もあります。そして、なんと、ダイジェスト動画まであるよ!なんて親切なんでしょう。だからね、来てよね!



かえる目 独演会

出演:かえる目(細馬宏通・宇波拓・木下和重・中尾勘二)
於:高円寺エンジョイ北中ホール
http://keita.trio4.nobody.jp/shop/12/index.html

open 19:00 start 19:30
1500円+ドリンク
出店:Lilmag


さて、とんかつぶりのかえる目独演会です。
今回は何やらセカンド・・・・むにゃむにゃ。
口ごもることはありませんが、セカンドアルバムの録音します。
かえる目、持ち曲多いんだよなー。覚えきれない(笑)そこがまた良い。
かえるさんのMCともども、かえる目ホールに飲み込まれてください。




初お披露目!プレバンド!


7月27日日曜日@Big Apple

鈴木学(electronics)
和田良春(bass,piano)
木下和重(violin)
西川文章(guitar,electronics)
(年功序列型表記順を採用)

開場 18:30 開演 19:30
料金 1,500円 + 1ドリンク
会場 神戸ビッグアップル


このメンツで音出したら面白くないわけないっしょ!
てな調子で集まった4人。
曲を演奏するので、バンドみたいなもんです。
うまくいったら、バンド名考えて今後もやります。
と言う意味でのプレバンド。
私の曲は、未来系スピリチャルジャズみたいな感じになりました。
どんなんやねん(笑)
楽しい夜になりそうです!
posted by kinok at 11:47| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

いよいよ明日!!!

いよいよ明日となりました。



自分の中でも、一つの大きな節目となるライヴだと思います。



「segments」はある意味、チャレンジでした。

もちろん作りたい音楽ではあったのですが、それが、

訳の分からないとみなされる音楽に対しての、

僕なりの聴き方、楽しみ方の提案になればという思いが強くありました。




わかる人にだけわかってもらえればいい、なんてこと思ったことはありません。

しかし、今まではわかってもらうための努力が足りなかったかもしれません。

いや、おこがましいと敢えてしなかったふしもあります。

ようやくその時期が来たようです。遅っ(笑)



対外的な音楽活動を始めて、今年で約十三年になります。

その中で得られたものを、一足飛びに理解してもらおうなんて思ってませんが、

でも、

何かが少しでも伝わって、訳の分からないものが、訳の分かるように、

まあ変な言い回しですが(笑)、segmentsが切っ掛けになればと思っています。





世の中には、まだまだ面白い音楽があります。

わからないというだけで食わず嫌いするには、もったいない。。。




「segments」リリース記念コンサート&トーク in 大阪

まあ、気楽な気持ちでお越し下さい。

難しいことをやってるわけではありません。

っていうか、笑えます!





6月22日(日)
chef d'oeuvre(シェ・ドゥーヴル)にて
開場 16:30 / 開演 17:00
1,500円(1ドリンク付)

プログラム
「ヴァイオリン・ソロ segmentsより」
「segmentsをめぐる対談トーク」


木下和重 http://kinok.seesaa.net/

神戸在住、ヴァイオリン奏者。2007年、自らの作曲・演奏による作品、ファーストソロアルバム「segments」をslub musicよりリリース。ジョン・ケージに関する論文を執筆する彼は、このアルバムでケージの構造概念に焦点を当てることによって、新たな音楽の枠組みを提案している。今回のコンサートは、そのCD発売を記念して、また音と言葉をめぐる批評フリーペーパー「三太」に掲載された論文や、インタビュー誌「赤目」にゲストとして迎えられたことも併せて、木下和重の魅力を存分にお伝えするべくお送りします。


chef d'oeuvre
大阪市西区阿波座1-9-12 tel. 06-6533-0770
http://www.kansai.com/gourmet/G0001047



posted by kinok at 06:55| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

「segments」リリース記念コンサート&トーク in 大阪

お知らせです。
22日の日曜日に、「segments」リリース記念コンサート&トークが開催されます。リリースされたのは去年ですが、レコ発的なものをしてなかったので、com+positionを一緒にやってる竹内君が、俺にやらせてくれ!と、男気を見せてくれたのでお願いすることにしました。

当然、3曲ともやります。
「1」もやります。
知らない人は何のことだかさっぱりわかりませんね(笑)
「1」はセグメントが一個って意味です。
演奏音はありません。
お客さんには楽譜とストップ・ウォッチを配って、見てもらいます。
計測=聴取の「segments」
計測に慣れてくると、時計無しでも楽しめます。
ゆくゆくは、自分なりの分節化も楽しめます。
ダンスなんかも、セグメント鑑賞法で楽しめるようになりますよ。
といった、セグメンツ的人生の楽しみ方が学べます!!!

今回の目玉は、二部のトークショーです!
お相手は、kinkin radioでお馴染みの、kinkinさんです。
音楽について、人生について、テレビについて、笑いについて、熱く語ります。
お酒を飲みながら、わいわいと楽しくやりますよ。


お時間ありましたらお越し下さい☆






6月22日(日)
chef d'oeuvre(シェ・ドゥーヴル)にて
開場 16:30 / 開演 17:00
1,500円(1ドリンク付)

プログラム
「ヴァイオリン・ソロ segmentsより」
「segmentsをめぐる対談トーク」


木下和重 http://kinok.seesaa.net/

神戸在住、ヴァイオリン奏者。2007年、自らの作曲・演奏による作品、ファーストソロアルバム「segments」をslub musicよりリリース。ジョン・ケージに関する論文を執筆する彼は、このアルバムでケージの構造概念に焦点を当てることによって、新たな音楽の枠組みを提案している。今回のコンサートは、そのCD発売を記念して、また音と言葉をめぐる批評フリーペーパー「三太」に掲載された論文や、インタビュー誌「赤目」にゲストとして迎えられたことも併せて、木下和重の魅力を存分にお伝えするべくお送りします。


chef d'oeuvre
大阪市西区阿波座1-9-12 tel. 06-6533-0770
http://www.kansai.com/gourmet/G0001047
posted by kinok at 06:27| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

6月のライヴ情報

ちんたらしてたました。。

今週末ライヴがあるんです!

まずは、こちら。



ギターの磯端氏のライフワークである、series EXISTENCE にお呼ばれ。

今回は、微細な音に焦点を当てたコンセプトでお送りするプログラムです。

磯端さんの日記からコピペ。


   □■ 2008年6月6日(金) □■



    series “EXISTENCE” vol . 31
     ― minute vibration 3 ―

  ☆ Tim Olive electronics

  ☆ 木下和重 violin

  ☆ 磯端伸一 guitar


     * 19:30 start
     * charge \ 1500 (1 drink 付)


 ◎  chef−doeuvre(シェ・ドゥーブル)

      open 12:00〜24:00    close Sunday

   〒550-0011大阪市西区阿波座1-9-12
    TEL/FAX 06-6533-0770

  ※四ツ橋線本町駅23番出口から四ツ橋筋を南へ、
   3つめの筋を西へ、チコ・マートを過ぎて
   50mほど歩いた 右側です
  ※Subway Yotsubashi Line Hommachi station
   alighting ,Please go the Yotsubashi street
   to south.turn at the 3rd crossing
   on the right (west).pass Chiko-mart.
   Cafe is visible to the right-hand side
   of about 50m beyond.




場所はお馴染み、シェ・ドゥーヴルです。皆さんお越し下さい!





そして次の日は、東京でライヴですよ!

ヒバリミュージックのサイトからコピペ。


Travis Just, hibari string ensemble

“Eight Miles High (for Guido on Karl-Marx-Allee)”
(Travis Just(トラヴィス・ジャスト)による作曲作品)
Kara Feely Travis Just 

ヒバリ・ストリング・アンサンブル
(宇波拓、杉本拓、公文忠信、木下和重)

6月7日 7時30分開場 8時開演
2200円+ドリンク
千駄ヶ谷 Loop-Line



ヒバリ・ストリング・アンサンブル、記念すべき二回目のライヴです。
シンプルにして、かつエレガント。この魅力にハマったらさあ大変!

今回の東京、ライヴはこれしかありません。
みなさん来てください!!!!
posted by kinok at 00:14| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

室内楽コンサート

間際になって申し訳ありません。
今日から三日間、以下のような催しが行われます。
私は三日目に出演します。
よろしくです。

帰ってきたら、ふたりフェスとかcom+position7について書く予定です。。



室内楽コンサート・レトロスペクティヴ 2006〜2008
大谷能生&木村覚 プロデュース連続企画
『DIRECT CONTACT VOL.1』
OPEN 19:30  START 20:00
Charge 2,000
会場:TEMPORARY CONTEMPORARY、月島
http://www.space-tc.com/
(都営大江戸線・東京メトロ有楽町線 月島駅7番出口より徒歩2分)

【公演演目】
●神村恵 『ソロ+アルファ』
23日〜25日 出演:神村恵、他

●室内楽コンサート・レトロスペクティヴ 2006〜2008
23日 演奏曲目
『backup (for koto)』 作曲 大蔵雅彦
『Tom & Jerry (for drums and keyboard)』 作曲 杉本拓
曲目未定 作曲 宇波拓
出演:塚本真一 イトケン 水谷隆子 上江州佑布子
24日 演奏曲目
『red scarf, red curtain (for violin and two electric guitars)』 作曲 大蔵雅彦
『Three speakers』 作曲 杉本拓
『不在について』 作曲 宇波拓
出演:秋山徹次 千葉広樹 江崎将史 中尾勘二 泉智也 杉本拓 宇波拓
25日 演奏曲目
『outfold (for harp and ensemble)』 作曲 大蔵雅彦
曲目未定 作曲 杉本拓
曲目未定 作曲 宇波拓
出演:関島岳朗 イトケン 竹田大純 佳村萠 大島輝之 中村としまる 高良久美
子 秋山徹次 江崎将史 中尾勘二 木下和重 上江州佑布子 服部玲治 杉本拓
宇波拓 大蔵雅彦

【出演者/演目プロフィール】
◎ 神村恵
ダンサー・振付家。幼少よりバレエを学ぶ。2000年より1年間、オランダにてダンスを学ぶ。04年よりソロ作品を発表し始め、様々なスペースで上演する。06年より、神村恵カンパニーとしての活動も開始。08年2月、カンパニー3作品目となる「どん底」をBankART1929 Yokohamaにて上演。ソロ活動では07年に、イタリア、韓国にて公演に参加。08年4月、トヨタコレオグラフィーアワード2008選考会に参加する。その動きは本当に必要なのかという疑いをもとに、カンパニー、ソロともに活動を続けている。
◎ 室内楽コンサート
2006年からスタートした「各人の作曲作品を演奏する」企画である『室内楽コンサート』シリーズのレトロスペクティヴ企画です。長期にわたって国内外で即興演奏家として活動を続けてきた杉本拓、大蔵雅彦、宇波拓による、音楽をさらに広い構造から捉える実験の結果とは? 世界初演有。

posted by kinok at 22:22| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

今日と明日

昨夜は韓国帰りのヒバリミュージック社長、宇波拓氏と三宮で合流。ボンバーさんが働いてる店に行くも非番。夕食は神戸の名店「丸玉食堂」。台湾料理のお店である。ジモティーながらここに来るのは二回目。宇波君のほうが詳しい。近いと不思議と行かないものだ。あ、デート向きではないだけか。豚足、腸詰め、生腸など美味い美味いとそれらを頬張りビールをぐいっと。そしてマザームーンカフェで食後のデザート。ここは、おしゃれ神戸カフェの先駆的存在。男二人してクレーム・ブリュレを美味い美味いとむしゃぶりつく。宇波君とスイーツを食べるのは恒例行事である。


さてみなさん、こんなのありますよ!
今晩は村山さんと江崎さんで公開録音です。
公開録音ってラジオみたいですね。
のっぴーです!
どえらいものが生まれそうな予感。
歴史的瞬間にみんな立ち会おう!
そして、新開地で飲もう!


で、
明日は京都で即興音楽祭りです。
com+positionクルーがトップバッター!即興じゃないのに!
他に、ギタリスト磯端氏とサウンドアーティスト小田氏と共演。
トリトゲネイアな予感。
私が寄稿した三太もゲットできますよ〜





4月12日(土)

「公開レコーディング」



出演  村山政二朗
    江崎將史
    木下和重


会場 神戸アートビレッジセンター スタジオ3

開場 19:00
開演 19:30
料金 1500円

公開レコーディング/録音 宇波拓

演奏中入場不可 休憩有




村山政二朗
1957年生まれ。パーカッショニスト。
1982年に灰野敬二と米国ツアー。その後はKK NULL、細田茂美らと演奏。
99年よりフランスで活動。現在は、ジャン=リュック ギヨネ(アルトサックス)、エリック ラ カサ(コンポジション)、エリック コルディエ(ハーディーガーディー)、ステプァン リーブ(ソプラノサックス)、マッティン(コンピュータ),レナート リナルディ(レーボックステープレコーダ)の他、哲学者ジャン=リュック ナンシー、振付家カトリーヌ ディヴェレス、ヴィデオのオリビエ ガロン、作曲家パスカル クリトンらとコラボレート。


神戸アートビレッジセンター
 神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号 
 TEL 078-512-5500
 神戸高速「新開地駅」東出口より徒歩約5分
 「JR神戸駅」より徒歩約10分
 神戸市営地下鉄「湊川公園駅」より徒歩約15分







4月13日(日)

Ftarri Festival 京都

会場:京都 アバンギルド (UrBANGUILD)

開場:午後2時、開演:午後3時、終了:午後10時

予約:3,500 円 + 1 drink、当日:4,000 円 + 1 drink

予約方法:アバンギルド website のLIVE SCHEDULEにある予約フォームをお使いいただくか、もしくは電話(アバンギルド 075-212-1125)にてお願いいたします。予約は4月12日(土)締切です。

問い合わせ:
アバンギルド tel/fax: 075-212-1125 email: urbanguild@w7.dion.ne.jp
FTARRI tel/fax: 03-6677-0117 email: info@ftarri.com

ウェブサイト、ネットショップ、CDレーベル、出版を通して日本の即興音楽を紹介する Improvised Music from Japan は、2006年末に FTARRI(ふたり)を新たに立ち上げ、CDレーベルとネットショップ部門の FTARRI への移行を進めてきました。そして FTARRI の運営が軌道に乗りつつある現在、遅ればせながら FTARRI の発足を記念してフェスティヴァルを開くことといたしました。

フェスティヴァルには関西を拠点に活動するアーティストたちに加え、ドイツ / オーストリアから Kapital Band 1、Los Glissandinos、Noid、韓国からリュウ・ハンキル、またフランス在住の村山政二朗、東京から宇波拓と、それぞれ近年の活発な活動が大きな話題を呼ぶ音楽家を招き、計10組、7時間に及ぶ演奏が繰り広げられます。現在進行形の即興音楽にどっぷりと浸るまたとない機会を、どうぞお楽しみください。


第一部

竹内光輝 (composition, flute) + 江崎將史 (trumpet) + 木下和重 (violin)
Noid (cello) + 宇波拓 (computer)
半野田拓 (guitar) ソロ
山本精一 (guitar, percussion, yang chin) + 梅田哲也
30分休憩


第二部

アキビンオオケストラ + 村山政二朗 (percussion)
BusRatch (turntables) + リュウ・ハンキル (clockworks, contact microphone)
Los Glissandinos:クラウス・フィリップ (computer) + カイ・ファガシンスキー (clarinet)
30分休憩


第三部

木下和重 (violin) + 磯端伸一 (acoustic guitar) + 小田寛一郎
西川文章 (guitar) + ティム・オリーヴ (electric bass) + Haco (electronics, voice)
Kapital Band I:ニコラス・ブスマン (electronics) + マーティン・ブランドルマイヤー (drums)



主催:Ftarri / Improvised Music from Japan
協力:オーストリア文化フォーラム、ドイツ文化センター



posted by kinok at 09:09| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

4月のライヴ情報

3月も今日でおしまい。あ、4月になっちゃった。

というわけで、取り急ぎ4月のライヴ告知です!

今月は見逃したら後悔しますよー

ほんとにほんとに





4月12日(土)

「公開レコーディング」



出演  村山政二朗
    江崎將史
    木下和重


会場 神戸アートビレッジセンター スタジオ3

開場 19:00
開演 19:30
料金 1500円

公開レコーディング/録音 宇波拓

演奏中入場不可 休憩有




村山政二朗
1957年生まれ。パーカッショニスト。
1982年に灰野敬二と米国ツアー。その後はKK NULL、細田茂美らと演奏。
99年よりフランスで活動。現在は、ジャン=リュック ギヨネ(アルトサックス)、エリック ラ カサ(コンポジション)、エリック コルディエ(ハーディーガーディー)、ステプァン リーブ(ソプラノサックス)、マッティン(コンピュータ),レナート リナルディ(レーボックステープレコーダ)の他、哲学者ジャン=リュック ナンシー、振付家カトリーヌ ディヴェレス、ヴィデオのオリビエ ガロン、作曲家パスカル クリトンらとコラボレート。


神戸アートビレッジセンター
 神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号 
 TEL 078-512-5500
 神戸高速「新開地駅」東出口より徒歩約5分
 「JR神戸駅」より徒歩約10分
 神戸市営地下鉄「湊川公園駅」より徒歩約15分







4月13日(日)

Ftarri Festival 京都

会場:京都 アバンギルド (UrBANGUILD)

開場:午後2時、開演:午後3時、終了:午後10時

予約:3,500 円 + 1 drink、当日:4,000 円 + 1 drink

予約方法:アバンギルド website のLIVE SCHEDULEにある予約フォームをお使いいただくか、もしくは電話(アバンギルド 075-212-1125)にてお願いいたします。予約は4月12日(土)締切です。

問い合わせ:
アバンギルド tel/fax: 075-212-1125 email: urbanguild@w7.dion.ne.jp
FTARRI tel/fax: 03-6677-0117 email: info@ftarri.com

ウェブサイト、ネットショップ、CDレーベル、出版を通して日本の即興音楽を紹介する Improvised Music from Japan は、2006年末に FTARRI(ふたり)を新たに立ち上げ、CDレーベルとネットショップ部門の FTARRI への移行を進めてきました。そして FTARRI の運営が軌道に乗りつつある現在、遅ればせながら FTARRI の発足を記念してフェスティヴァルを開くことといたしました。

フェスティヴァルには関西を拠点に活動するアーティストたちに加え、ドイツ / オーストリアから Kapital Band 1、Los Glissandinos、Noid、韓国からリュウ・ハンキル、またフランス在住の村山政二朗、東京から宇波拓と、それぞれ近年の活発な活動が大きな話題を呼ぶ音楽家を招き、計10組、7時間に及ぶ演奏が繰り広げられます。現在進行形の即興音楽にどっぷりと浸るまたとない機会を、どうぞお楽しみください。


第一部

竹内光輝 (composition, flute) + 江崎將史 (trumpet) + 木下和重 (violin)
Noid (cello) + 宇波拓 (computer)
半野田拓 (guitar) ソロ
山本精一 (guitar, percussion, yang chin) + 梅田哲也
30分休憩


第二部

アキビンオオケストラ + 村山政二朗 (percussion)
BusRatch (turntables) + リュウ・ハンキル (clockworks, contact microphone)
Los Glissandinos:クラウス・フィリップ (computer) + カイ・ファガシンスキー (clarinet)
30分休憩


第三部

木下和重 (violin) + 磯端伸一 (acoustic guitar) + 小田寛一郎
西川文章 (guitar) + ティム・オリーヴ (electric bass) + Haco (electronics, voice)
Kapital Band I:ニコラス・ブスマン (electronics) + マーティン・ブランドルマイヤー (drums)



主催:Ftarri / Improvised Music from Japan
協力:オーストリア文化フォーラム、ドイツ文化センター








4月20日(日)

com+position 7

江崎將史 masafumi ezaki
木下和重 kazushige kinoshita
竹内光輝 mitsuteru takeuchi

2008. 4. 20. sun.
開場 15:00 開演 15:30
料金1,500円(1ドリンク付)

会場 chef d'oeuvre(シェ・ドゥーヴル)
大阪市西区阿波座1-9-12  tel. 06-6533-0770


posted by kinok at 00:28| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

今日から

一週間ほど東京にいます。



3月8日(土)
 19:30開演 20:00開場
 2200円 +ドリンク
 千駄ヶ谷 Loop-Line
 http://loop-line.jp/

出演:
 YukoMariko
 (Yuko NEXUS6: sound Mariko TAJIRI: image)
 2002年結成のコンビ。
 関西、西日本、韓国、欧州、北米などを回り、このたび東京初上陸!
 http://nexus6.web.infoseek.co.jp/yukomariko.html

 かえる科
 (かえるさん vo, 木下和重 vln, 宇波拓 g ゲスト:服部玲治 per)



3月11日(火)
 江古田 Cafe FLYING TEAPOT
 http://www.geocities.jp/flyingteapot1997/about01.html
 open19:00 start 19:30
 ¥500+order

出演:
 ひばりストリングアンサンブル
 (宇波拓、木下和重、公文忠信、杉本拓、上江洲佑布子 予定)
 
 黒澤勇人+加藤裕士デュオ




では!

posted by kinok at 08:39| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

幸福な夜、そして次のライブは「かえる科」、今夜だ!

昨日(もう一昨日か)の『Solos #2』は大盛況でした!!!!!
ほんと、ありがとうございます。
みなさんに支えられて、今の私がいます。感謝です。

しかしヒヤヒヤでしたよ。
まずマーティンさんを迎えにいって、一人でアテンドしなきゃいけない。
日本語なら軽快なトークで爆笑をとれますが、英語はしんどい。でもマーティンはとても気さくな良い人で、話題を振ってくれるし、セッティングの時間まで茶店にいたんだけど、なんだかんだで小一時間も楽しく会話をしてました。
次に集客ですよ。前例があるので、一応マーティンにも納得してもらう。彼は全然問題ないと言ってくれた。嬉しいねえ。でも開場すると、次から次へとお客さんが来場!
とどめに、開演前になっても西川君が来ない。これはヒヤヒヤどころじゃありません。なんだか手違いがあったようで。。。無事に連絡が取れたものの楽器をもってなく、FUKUGANさんのアコギを借りて演奏。急な話にもかかわらず、クールで美しい、モテ系(笑)な演奏を披露してくれました!

それにつけても、マーティンですよ。
プリペアしてるって聞いてたから、ふっちゃけどうなの?とは思っておりました。ごめんなさい。楽器いかんにかかわらず、プリペアしちゃうと結局プリペアの音になっちゃうもんね。みんな同じじゃんと。逸脱行為が定番になっちゃったと。まあその音が欲しいのならいいんだろうけど。でもやっぱ何か工夫がほしいよね。
マーティンはどうだったかというと、ウイスキーが入ってた紙製の筒をサックスの口に差し込んでただけ!ミュートって話もありますが。。で、しかも途中でそれを取り出して、何をするかと思えば、手のひらでもぞもぞ回し出した!グッときましたね。演奏後にみんな(小田竹内江崎西川山本敬称略)で歓談したときも、この話題で持ち切り。みんなのツボにもハマってたみたい。もちろんそれだけじゃなくて、ラジオノイズの絶妙な使用や構成も含め、とても素晴らしい演奏を聴かせてくれました。別れ際には固い握手と抱擁を交わし、キーピンタッチを約束。

FUKUGAN村田さんのブログにはマーティンの演奏写真ありますよ。

小田君のブログには詳細な感想が・・・!




そんなこんなで、今日は「かえる科」ライヴ!
この編成は初めてですねえ。
ダジャレトリオです。
何でも歌にする3人組。
トリオ・ザ・B型。
え?こんな入場料安いんですか。
こりゃあ行かなきゃね!




-------------------------------------------------------
Presentation22 “A voice to shake”
かえる科(細馬宏通+木下和重+中尾勘二) 
小松正史
長谷川健一
日時:2008年2月9日sat. 19:00open 19:30start
場所:shin-bi(四条烏丸 COCON烏丸 3F )
Adv.1500円 Door 2000円

詳しくは以下のURLを。
http://www.shin-bi.jp/modules/wordpress1/index.php?p=109

--------------------------------------------------------
posted by kinok at 05:05| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

くどいですが・・・

おはようございます。
今朝、金城武と友達になりました。
もちろん夢の中で。
そんな私は、「薔薇のない花屋」の竹内結子の物まねがお気に入りです。
結構うざい感じになりますよ(笑)みなさんもお試しあれ〜


というわけで、今日はライヴです。
仕事帰りでも間に合う時間なので、みなさん来てくださいね!



『Solos #2』

Martin Kuchen (sax)
西川文章 (guitar)
木下和重 (violin)

2008年2月7日(木)
FUKUGAN GALLERY
大阪市中央区西心斎橋1-9-20 4F T/F 06-6253-3266
open 20:00 start 20:30
1500円 ワンドリンク付き

posted by kinok at 10:29| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

2月ライヴのご紹介 そのいち

まずは七日、Solosの第二弾をお送りします。
場所はもちろんおなじみの、FUKUGAN GALLERYさん。
アヴァンギャルドな音楽を包含する数少ない場所。感謝!



『Solos #2』

Martin Kuchen (sax)
西川文章 (guitar)
木下和重 (violin)

2008年2月7日(木)
FUKUGAN GALLERY
大阪市中央区西心斎橋1-9-20 4F T/F 06-6253-3266
open 20:00 start 20:30
1500円 ワンドリンク付き





今回のゲストは、sax奏者のマーティン・クーヘン。
詳しくはプロフィールを見てもらえればわかりますが、彼のプリペアドされたサックスから、どんな音色が飛び出すのか楽しみ。もちろんそれらの音を用いて生み出された音楽のほうが重要なんですけどね。

そして日本からは私と、大阪が誇るギタリスト、西川文章氏。私も大好きなミュージシャンです。とにかく音がカッコいい。音の配置も絶妙。無駄がない。クールなんすよね。彼のバンド「かきつばた」のアルバムがmapさんからリリース予定とのこと。かえる目とはレーベルメイトになりますね!レーベル祭りとかしてほしいなあ




マーティン・クーヘン(sax)
1966年、エスキルスチュナ(スウェーデン)生まれ。ドラム演奏を志すが、両親
によってフルートを習わされる(9才から20才まで)。85年から87年まで、音楽
学校でジャズ教育をうける。テナーサックスをはじめ、アイラー風グループを試
みるがメンバーに笑われる。88年から93年まで、スウェーデン、およびヨーロッ
パ各地のストリートや地下鉄で演奏。92年にフリーインプロヴィゼーションに出
会う。2000年よりフィル・ミントン、ブーカード・バインズ、アンドレア・ノイ
マンらとツアー。
主なプロジェクトに、アテネのニコス・ヴェリオティス、同じくスウェーデンの
Ingar Zachとのトリオ"looper"、Tapeのメンバーを擁する"Frontroom Ensemble"
など。代表作に、プリペアドサックスによる"MUSIC FROM ONE OF THE PROVINCES
IN THE EMPIRE"、LOOPERとジョン・ティルバリーの共演盤"MASS"など。


martin02.jpg





彼の他のライヴは、hibari music を参照ください。

前回のリベンジとなりますか・・・みなさん来てくださいね!!




posted by kinok at 15:25| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

ピカタ

更新が滞っていました

人の命の儚さについて痛烈に思い知らされ

自分の気持ちを言語化できないほど

混乱と平静

死に対する恐れは

乗り越えるものではなく

慣れていくものなのかな

哲学や宗教なんていらないのかも



今日は今年初ライヴです。

よかったら、お越し下さい。




2008年1月17日(木)


江崎將史 (trumpet)
木下和重 (violin)
宇波拓 (computer)

with special guest


FUKUGAN GALLERY
大阪市中央区西心斎橋1-9-20 4F T/F 06-6253-3266
open 20:00 start 20:30
1500円(1drink付き)
posted by kinok at 14:38| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

来年もガンガンやるって!

来年の話をすると誰に笑われるのかは忘れましたが、
懲りずにライヴが決まったので告知しておきます。

共演は、東京から宇波拓氏。今月に引き続き、FUKUGAN再登場です!
そして、com+position(コムポジと私達は呼んでいる)メンバーであり、関西の即興音楽シーンを引っ張る男、江崎將史氏。彼はそんな気なんて無いだろうけど、キャリア的に見ても妥当なところ。

江崎さんとの初共演ライヴが96年で、宇波君ともその年に出会ってると思うから、彼らとは十年以上の付き合いになる。思えば遠くへ来たもんだ。人間も音楽も尊敬できてなおかつバカのできるって、すげえ幸せなことです。今夏のホースレコ発関西ツアーの際に披露された"袋とじファッション"は、一生忘れることはないでしょう。ほんとバカすぎて今でも笑っちゃうダッシュ(走り出すさま)

てな調子で(宇多丸風で)、
もしこのブログを見ている人で都合がつくようであれば、ぜひともお越しください。
面白いライヴがあるよ!って、知り合いにも教えてみてください。
ご利益がある・・・かどうかはわかりませんが(笑)

来年はフェスもあるしね!
おっと、フライングしちゃった・・




2008年1月17日(木)


江崎將史 (trumpet)
木下和重 (violin)
宇波拓 (computer)


FUKUGAN GALLERY
大阪市中央区西心斎橋1-9-20 4F T/F 06-6253-3266
open 20:00 start 20:30
1500円(1drink付き)







posted by kinok at 20:06| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

over the rainbow

niji.jpg




宇波君のヒバリ日誌で知ってる人もいると思いますが、
先日のライヴに来てくれたのは、招待した友人が一名だけでした。
一命を取り留めた、とか冗談を言えるレベルではございません。

時期を同じくしてソロ・アルバムをリリースした二人のソロ演奏だけに、
特に宇波君のソロを関西の人にも聴いてもらいたかったのに、とても悔しいです。

私の努力が足りなかったと、忸怩たる思いです。

今にも折れそうな心だけど ここで踏ん張らないと、
とは思うのですが、茫然自失でなかなか儘なりません。

でも、
逃げたりするタイプではないので、また頑張らなきゃとは思っています。

虹の向こうへ行けると信じて・・・





posted by kinok at 10:27| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

I Like London In The Rain

さてさて、今日はライヴですよ。

前回アップした写真、あれはロンドンで撮影されたもの。2003年に宇波君と、いまや「ドラびでお」で時の人となった一楽さんと三人でヨーロッパツアーに行った最終地が、ロンドンなのでした。ちなみに、一楽さんとはその前のジュネーヴで別れてます。ちなみにちなみに、この頃はまだドラびでおシステムの準備段階で、素材用の写真を私のデジカメを使ってパシャパシャと撮ってなあ。ちょっと動いては撮ってを繰り返し、連続してみると動いてるように見えるやつですよ。

話が毛根から剃れましたが、この写真、急な雨に振られた後なのが、よく見るとわかります。いわゆるセクシー写真ですねどんっ(衝撃)一部ではコブクロみたいだと話題のようですが・・・あれほどの身長差はありません。コブクロとの収入格差は格段にありますがね。格差社会ですから。『segments』とか出しといて儲けようなんて虫がよすぎるってもんんです。愛を歌わないとね。


えーと、何の話だったっけ。あ、今日はライヴですexclamation×2exclamation×2






『Solos #1』

出演:宇波拓 、 木下和重



会期:2007年12月12日(水)
会場:FUKUGAN GALLERY
   大阪市中央区西心斎橋1-9-20 4F T/F 06-6253-3266
時間:20時から
料金:1500円 ワンドリンク付き
posted by kinok at 11:26| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする