2014年11月30日

11.23



2014.11.23

【l-e 勉強会『ザ・もんがいさん!』坂本由記子】
テーマ:私の『思い』はどこから来るのだろう? 第3回

【存在無き存在者】
須貝 吏(アルトサックス、作曲)
平野 敏久(ベース)
坂本 拓也(作業)
Gunji Izumi(ギター)

於 大崎l-e



自分がここに在ることの意味、そして、この世界との関わり。
誠実に、それらを問い続ける由記子さんと須貝さん。
それができる場が l-eであって、l-eの真骨頂/存在意義、だと思う。勝手に(笑)

受け皿でいてくれて、すごくありがたい。感謝の言葉しかない。
だからこそ納得できるものを、これからも提示していかなければ。

the show must go on.
なんだかこの言葉が浮かんだ。

閉まってる扉しか、開けることができない。

もういいかい?
まだだよ。


posted by kinok at 02:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

豆腐 eats 渋柿、もしくはドント・ストップ

さて、最近はtofubeatsの新譜『First Album』をたくさん聞いてる今日この頃です。いやぁ、tofubeatsのファースト・アルバムは素晴らしいです。ずっと聞いてます。あ、それはさっき言ったか。弱冠24歳。いや、年齢は関係ないですよね、ほんと。しかし、新譜をずっと聞いてるって感覚は、いいもんですね。音楽が無条件に好きだった昔を思い出します。聞いてる音楽以外のことを考えなくていいし。単純に楽しいってのが大事。

でも豆腐さん、単に楽しいで済まないっていうか、彼の作る曲はなんだか淋しいというか、物悲しいんですよね。確かにアッパーな曲も多々あるんだけど、全体的に漂う淋しさを感じるんだよなー。ちょっと見てみますと。「#eyezonu」は曲調がメロウで切くて、歌詞は病気のことについて触れてて。次の「pooolside」は、あー!夏終わっちゃう!楽しいことなんもしてねー!っていう過ぎていく夏を、消えていく夏を惜しんでる。そう、まだ何もしてない。「Come On Honey!」はアッパーなチューンで、きらきらな年に一度のパーティーをしようよ!って歌ってるんだけど、これもパーティーはまだ行われていないんだよなー。わおー!パーティー超楽しい!って歌じゃない。実際このあとパーティーは行われなくて、したいなーって言ってる間に夏が終わってたー!みたいなのかも、きっと。「ディスコの神様」も、ディスコに行けない主人公(行ったことあんのかな?)が神様に、楽しくしてちょうだい、胸騒ぎをちょうだいってお願いしてる歌で。この主人公は楽しくもないし胸騒ぎもない時間を過ごしてるってことですよね。。ことほどさように、まだ何もしてないか、もしくは「衣替え」のように、してしまった事に対して悲しんだり、憔悴(言い過ぎ?)してる(立ち直ろうとしてはいるけれど)曲が多いな、と。いや、こういう歌は大好物なんですよ、私は、はい。

そんでもって、全体的に引っかかることなんですが、歌詞に「ない」っていう否定表現がすごく多く使われてるな〜ってこと。最初は歌詞カード見てなかったので、どうかなーって思ってたけど、見てみたら、あ、ここにも、ここにも、って具合で。いや、他のミュージシャンの歌詞と比べたわけではないから印象だろ、って言われるとそうかもしんない。例えば「#eyezonu」では、”食えない”、”してない”、”飲めない”、"作る気ホンマない"って、シブガキ隊か!ってツッコミ入れたくなる(笑)まぁ韻的にはわかりやすいけど。「朝が来るまで終わる事の無いダンスを」はタイトルに入ってる。「Don't Stop The Music」もそうだ。終わらないで!だもんね。”ずっと続く”って書くより、”終わりがない”って書くと、終わりがあるんだなーって終わりを意識せざるを得ない。そう、音楽には必ず終わりがあるんですよ。。ピチカート・ファイブも「スーパー・スター」で歌ってましたね。

"ない"は否定だから、他の単語が必ずその前に存在するわけで、我々は歌を聞いてる時には、まずその単語が最初に耳に入って来て、その後に"ない"ってその意味が否定されることを知るわけですよね。だから、裏切りといいましょうか、毎回吉本新喜劇のように、もしくは新婚さんいらっしゃいの桂文枝師匠のように、「な、な、ないんかい!」と、椅子から転げ落ちることになるわけで。まぁ、それが狙いなんだろうけど(文枝法?笑)。「Her Favorite」はいきなり"時間が無い"って始まって、その後も、"実感が無い"、"正常に戻れない"、"帰れない二人の行方は"、と来たもんだ!

てな感じで、tofubeats氏の楽曲は、キャッチーな服着てハッピーなサウンド仕立てになってる売れっ子モデルさんなんだけど、脱がしてみると、欠落した当事者感覚、非現場感、焦燥感、空虚感、孤独感、終末感が、”あ、どうもコンニチハ”って素顔を出してくる。脱がさなくても、分かる人には分かったりして。それに同調したらば、正常に戻れない、よね(笑)

なんだかうまく説明できなくてもどかしいけど。
細馬さんの爪の垢でも煎じて飲みましょう(笑)

てな感じで。

あ、tofubeats氏で一番好きな曲は、「No.1 feat.G.RINA」です。
暫定一位ってやつね。
あ、これは前のアルバムでした!というわけで、どうぞ!ばいばい!





posted by kinok at 02:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

干し芋とサボテン

レンタル落ちDVDワゴンを物色。
珍しく干し芋の、ではなくて欲しいもの発見。
以下の四本を購入。

「俺たちフィギュアスケーター」
「俺たちサボテン・アミーゴ」
「マンダレイ」
「あなたになら言える秘密のこと」

2014-09-29-21-54-47_deco.jpg


サボテン以外は、未見。映画は映画館でしか観ないので逃すと観ないまま死ぬことになります。この三本はラッキーだね。って、なんで上から目線!

といった具合に、なんでもないようなことをトラブリュー並みにアップしていく所存です。って、またできもしない約束をしてからに!
posted by kinok at 02:54| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

3月のライヴ情報 そのに 杉本拓/古池寿浩/木下和重「即興ライヴ」

さて、続きましては、五木ひろし、のものまねではなく、
今月ふたつめのライブのご紹介。


イグイグの翌々日です。


1月にもやったトリオ。


ライブが終わった後に、すぐまたやろうということに。


即興演奏です。


杉本拓氏、古池寿浩氏、と、私。


では、前回の写真をどうぞ。


IMG_5101.JPG


IMG_5102.JPG


間違い探しみたいな二つの写真。


クリックすると、でっかくなるので間違い探しも楽ですよ。


当日も、間違い探しでお楽しみください。


今、杉本さんのサイトのアドレスをコピペしようと見に行ったら、漫画の話を書いてるではありませんか。珍しいですねえ。でも、どれも知らない・・読んだことない・・。というのも、漫画をあまり読みません。テレビっ子だったもんで、ええ。テレビの話ならいくらでも、ええ。私は鳳啓介ではありませんよ、ええ。ポテチン。コンソメ味。それはポテチ。そうそう、漫画ね。昔は読んでましたよ。あさりちゃんとか、カゲマンとか、プロレススーパースター列伝とか、微熱MY LOVEとか。大ブームだった少年ジャンプもご多分に漏れず読みましたね。アラレちゃんね。そのなかでも、ちば拓先生の「キックオフ」が好きでしたね。でも人生で一番好きな漫画は、小山ゆう先生の「スプリンター」ですね。仏陀的世界観に圧倒されますた。これ、浪人生時代に読んだんですよね。時期的なものもあるんでしょうね。ついさっき漫画は読まないと言いましたが、興味があって今お借りして読んでいるのは、竹宮惠子先生のSF短篇集です。いや、これはまずい、まずいですね。現実まで引っ張られます。ただでさえセンチメンタルになりがちなのに。。ああ面白い。。




3/10(月曜日)

『即興ライブ』

20:00〜
1500円+d
@大崎l-e http://www.l-e-osaki.org/

杉本拓 guitar http://d.hatena.ne.jp/gesubancho/
木下和重 violin ココ
古池寿浩 trombone http://fuigokoike.hibarimusic.com/

posted by kinok at 20:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

映画、観ちゃいました 2013年

2013年もあと一日です。あーーでも今年は、年末特有のあの駆け抜ける感じが無いんですよね。一年で今の時期が一番好きかもしんないのに。この一瞬のために一年があるというのに。なんでだろうなあ。去年はあったのになあ。忘年会が一つもなかったからかなあ。毎年そんなに忘年会やってないんだけどなあ。でも、知り合いに会う回数が増えるのが年末だけど今年はほとんど会ってない。ていうか、元々知り合い少ないか。あと、年齢の性?違う、年齢のせい?そうなんかなあ。それで片付けたくないなあ。でもアガんないんだよなあ。わりと平常心なんだよなあ。日々の修行の成果かな。うん、そうだ。それなら年齢のせいでも全然問題ない、ほんとに問題ない。またこんなことどうでもいいことをだらだらと生で書かせてもらってるわけですが、年末大処分ってことで見逃してくれよ〜



で、本題。

今年は、気になった映画は絶対観に行こう!という目標を立てておりました。目標を立てるのが好きで実行するのはそれほどでもない私でありますが、ななんと、見逃したものも多々ありましたが、自分史上最も映画館に行った年になりました。で、何を観たかというと、新作旧作時系列関係なく羅列するとコチラになりました。


俺たちサボテンブラザーズ
エンド・オブ・ザ・ワールド
ムーンライズキングダム
建築学概論
恐怖と欲望
選挙2
レーシングブル
きっと、うまくいく
スプリングブレイカーズ
嘆きのピエタ
風立ちぬ
教授とわたし、そして映画
ハハハ
3人のアンヌ
緑の光線
クロニクル
スタンリーのお弁当箱
悪の法則

すごい!18本も観てる!観ても年5本ぐらいだったのに!お金もないのに!いやぁ、頑張りました。千円の時に行くとかね。気になっただけあって、どれも好きな映画です。その中でも一つ選べと、選ばないと鼻から熱々のホワイトソース流し込むぞと脅されたなら、そうですねー、うーん、難しいなあ、え?もったいつけるなって?もったいない!それはきゃりーぱみゅぱみゅ!失礼しました。

一つ選ぶなら、「エンド・オブ・ザ・ワールド」です。私の中のセンチメンタルなとこを思いっきり鷲掴みにする映画です。観てる時よりも観終わった後、時間が経つにつれての余韻がどんどん響いてくるんですよね。A級で誰が観ても一番てわけでもない地味な映画ですけどね。でも、地球滅亡まであと何日みたいなSEKAI NO OWARI的なのは好きじゃないので、そういった類いの他の映画はノーサンキューで。





他にも、「きっと、うまくいく」も最高に面白かったなー。「建築学概論」も胸キュンで泣いちゃったし。あ、私は恋愛ものはいける口です。加えて、ホンサンス初体験も衝撃だったな。「悪の法則」も私好みだった。でも、「スプリングブレイカーズ」は、私はダメ。なんか中途半端な印象を受けました。突き抜けが足りてなくない?もっと面白くなるポテンシャルを持ってる作品だと思うので残念でした。あと、「スタンリーのお弁当箱」もなぁ。映画としての作りが雑。「きっと、うまくいく」の鑑賞後だったせいもあるか。なんなの、つまみ食いする先生がヒールって!もっと面白くなるポテンシャルを持ってる作品だと思うので残念でした。


えー、そんなとこかな。来年は観逃す映画を少なくしたいもんです。
もろちん、お財布と相談ですけどね。
posted by kinok at 04:57| 神奈川 | Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

「年に一度 告知じゃないよ」

年に一度やってくるものって、な〜んだ?

おい!こら!久しぶりに告知じゃないブログ更新かと思ったら、なぞなぞかよ!

と、お嘆きの皆様に朗報です。答えはWEBで。

おい!こら!ふざけるのもいい加減にしろ!

40度ですかね。冬場なら41度だね。

おい!こら!誰がいいお湯加減にしろ!って言った!年中行事は色々あんだよ!

すいませんでした。でもね、冬はちゃんと湯船に浸かったほうがいいですよ。

そうだよね。冷えはマンボウのもとって言うからね。

おい!こら!マンボウって平べったい魚やろ!しかも、もとってなんや!禿げとんのか!

それはモト冬樹やろ!ツッコミながらボケるんか!結局ボケたいんか!あほ!


失礼しました。毎度、おさわがせします。
これをやらないと本題が書けないんですよ。
暖気運転的なものでして、、お付き合いください。
それでもって、答えは誕生日です。
先週の土曜日、私の誕生日だったんです。
今まで誕生日だからってパーティとかしたことなく、毎年地味なものです。
とはいえ、何かスペシャルな感じが欲しいのが人間だもの。
ですが、風邪引いて寝てました。
すると、インターホンのチャイムがなって、噂のクール宅急便がやってきました。
やほーい!妻の実家からお肉がやってまいりました。
ひとしきり小躍りした後に寝てたら、インターホンのチャイムがなりました。
またもや噂のクール宅急便がやってきました。
やほーい!私の実家からお肉がやってまいりました。
いつから私はお肉大好きキャラになったのでしょう・・・嬉しいんですけどね!
毎年忘れることなく祝福してくれて感謝してもしたりないぐらいです。
というわけで、肉を食べて風邪を治します。

風邪がはやってます。皆様お大事になさってください。
ここ数日急に寒くなってますから、特にご注意を。
冷えはマンボウのもとですよ!
おい!こら!最後もボケるんか!
posted by kinok at 02:06| 神奈川 ☀| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

来週日曜日から『Segments Project 2013』始まります。 <数と時間 前編>からスタート!

『Segments Project 2013』まで、いよいよあと一週間となりました。
 
 
相変わらずの告知の遅さよ!すいません.....


来週の日曜日、6/30より、セグメンツ・プロジェクトを再開させます。


知らない方のために。セグメンツ・プロジェクトとは、「千駄ヶ谷loop-line」にて、2008年11月〜2011年3月まで約二年半で合わせて16回、番外編のレクチャー編、ワークショップ編を入れると20回ほどかな、続いた企画です。どんな企画だったって?まぁまぁ、そう焦りなさんな。


再開させるにあたって、どういう形でやるのがいいか、かなり悩みました。もやもやと。毎月、勉強会的な感じで、進むペースはゆっくりだけど着実にやるのが理想的だよなあ。じゃあそこで前回を発展させたものをやるのか?でもそれはGENESisがその役割を担ってたしなぁ。新たに何かやろうかなぁ。いやいや!待たれい!現実に目を向けなはれ!セグメンツって言っても知らない人の方が多いじゃないですか!よし!前回のプロジェクトでやったことを、コンパクトにまとめて、セグメンツを知らない人に向けてやろうじゃないか!と、ここに決意した所存であります。なので、セグメンツ入門なのであります。で、セグメンツって何なんだって?まぁまぁ、落ち着きなはれ。


前回のセグメンツ・プロジェクトで行われた様々な実験は、音楽特有の問題圏である“時間”を巡る冒険でした。この冒険は、何か確たる地図を持って為されたものではなく、目的地もわからず、手探り、弄り、実験によって得られた結果から次の実験を模索するという、どちらかというと行き当たりばったりなものでした。それは私の思考形態がそうさせるというか、癖というか、アホというか、パーでんねんというか。。やってる時は気づかずに、やった後で、あ、そういうことかと、繋がったと、なるわけです。そして知らず知らずのうちに振り返れば、一本の道がそこにあったというわけである。セグメンツは道なのであります。まあそういう事情もあるので、あらためて、まとめてみる必要があるな、と思ったわけです。で、時間とセグメンツは何の関係があるんだって?というわけで、コチラです!


6月30日より、『Segments Project 2013 セグメンツ的時間論』と題して、全7回のプロジェクトを行います。内容は三部構成となっており、まず、セグメンツの原点である客観的/空間的側面である量としての時間構造の認識を中心に行います。次に、その結果を受けて時間の主観的側面へと移行し、最後は時間が無化された地平へと旅を続けます。形態としては、レクチャー/ワークショップ/ライブ・パフォーマンスが一体となったもので、参加された方々にも実際にセグメンツの演奏や作曲にも取り組んでもらいます。開催日は、毎月最終日曜日の午後二時から五時まで。お昼なので、夜に予定があるかたも安心!全回の日程は以下の通り。


第2回「数と時間:後編」7/28
第3回「意識と時間:前編」8/25
第4回「意識と時間:後編」9/29
第5回「時間(仮):前編」10/27
第6回「時間(仮):後編」11/24
第7回「感動のフィナーレ!」12/29



場所はもちろん、大崎l-eにて。料金は1500円+ドリンク代500円。そして、何か参加して頂いた方々に還元できる特典も期待に添えないかもしれませんが考えております。というのも、セグメンツは“道”なので、できれば全回来て頂きたいのであります!お待ちしております!あ、行きまっせ!という方はl-eにメールして頂くか、木下までお知らせいただけると、幸いです。というのも、ストップウォッチや資料の用意をしますので、人数が予め分かってると助かるなーと思いまして、、勝手ではありますが、よろしくお願いします。




6/30(日曜日)


Segments Project 2013

『セグメンツ的時間論』(全7回)

第1回「数と時間:前編」

時間 14:00 〜 17:00
料金 1500円+ドリンク代
場所 大崎l-e http://www.l-e-osaki.org/

presented by 木下和重


ワークショップ形式で行います。
紙と鉛筆を持参願います。
計算機もあればグー。


次回予告
7月28日 (sun.)  
第2回「数と時間:後編」

------------------------

以降
8月25日 (sun.)  第3回「意識と時間:前編」
9月29日 (sun.)  第4回「意識と時間:後編」
10月27日 (sun.)  第5回「時間:前編」
11月24日 (sun.)  第6回「時間:後編」
12月29日 (sun.)  最終回


posted by kinok at 00:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

俺ってナイスガイ?

「日本の底力」とか。「クールジャパン」とか。「ジャパンパワー」とか。熱いんだか冷たいんだか。その間に情熱があるんだか無いんだか。何かと、俺たち日本人ってすげえんだぞ!えっへん!っていう仁王立ちが似合うキャッチフレーズが飛び交う昨今ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。おばんです。私はおじんです。あ!他にもあるね。「海外で受けてるジャパンカルチャー」とか、「日本大好き外国人さん!」といったテレビの特集ね。最近多いね。あらま、私達って気づかないうちにこんなにすごいことしてたのね、的なね。そんなこと言ってる人たちは別段すごいわけでもないけれど。頑張れニッポン!まあ、自信を取り戻そう的なやつですね。自信さえ取り戻せば元気になれるんだから大丈夫!はいバイアグラ!って、まるでED治療の・ようなものですね。ということはア◯◯ミクスもバイアグラみたいなもんなのかもしれませんね。ちょっと言ってる意味がよくわかりませんが。お腹すいてんの?もっと有益な情報をくれよ!といった声が聞こえました。そう、私にはそういう能力も備わっているのです。ぽわわわ〜ん。では、今一番日本ってすげえな!って思えるし思われるのものといえば、はい、あれしかありませんよね。そう、アレ。日本が世界に誇る建築物、そう、「スカイツリー」で〜す!ピードンドンパフパフ!こないだテレビでスカイツリーの特集があるっていうんでいそいそと見たんですよね。そしたら、スカイツリー自体のお話ではなくて、その周辺にある下町の商店街も頑張ってるぞ!という内容でした。何十年もやってますよ、っていう一件の老舗の煎餅屋さんがフューチャーされてて、あ、間違えた、フィーチャーされてて、元気なおじいちゃん店主がスカイツリー効果を期待してますぅ〜って言ってました。ほんでほんで、ほんでりんぐ。煎餅を作る行程の中に、煎餅を乾かすって作業があるみたいなんですよ。いつもベランダみたいなとこで干してたらしいんですが、な、な、なんと、スカイツリーができたせいで、ベランダが影になっちゃって、煎餅が干せなくなっちゃったんだって!オーマイゴッドだね!スカイツリーこのやろう!何やってんだよ!馬鹿野郎この野郎!と私は思ったんですが、な、な、な、なんとそのおじいちゃん店主、スカイツリーでみんな盛り上がってるんだから、そこに水を差すようなことがあってはならないよねぇ〜、って言うんです。。。はぁ、私が馬鹿野郎この野郎でした。反省猿の・ように反省しています、今。おじいちゃん店主はそんな逆境にもめげず、詳しくは忘れましたが、陽の当たる場所と時間を探し出し、なんということでしょう、煎餅を干す場所を変えたんですよ!文句も言わず。えらいなあ。そう、これこそが、日本人の誇る「知恵」、なのではないでしょうか。チエ〜金くれ〜!鉄!うるさいわい!鉄・・・じゃなくて、アメリカ人ならこうはいきませんよね(確信は持てません)。そう、逆境も工夫次第でなんとでもなるのです。ライムスター言う所の、「K・U・F・U」ですね。いやあ話がうまく戻ってきました。そのへんにいる校長先生よりは話うまいでしょ?ふ、は、は、は、は。いや、ちょっと待てよ、アメリカ人ならきっと、裁判おこしますよね(確信は持てません)。陽当たらへんやんけ!金よこさんかい!って(確信は持てません)。それで裁判に勝ったりしたら賠償金でもっとお店大きくしたり、いろいろできるかもしれませんよ。確かに波風立てずに周囲の人たちと調和をとるのも大事かもしれません。でも主義主張を殺して、自分さえ我慢すれば・・っていう日本人特有(確信は持てません)の性質が、いじめとか外国との交渉やらなんやら色々と問題を引き起こしているっていうこともいえるかもしれないなーなんて思っちゃったりしちゃったりなんかしちゃったりして。スポーツでもありますよね、ルールを変えられちゃうっていうやつ。で、私が何が言いたいかって言うと、言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズン的なことではなく、誇りを持とう踊るマハラジャでもなく、タイトーな関係をセガむんでもなく、のっぽんを取り戻したいわけでもありません。私が言いたいのは、ナイスガイを読め!!ということです。ナイスガイって何やねん?小林旭のこと?それはマイトガイ!宍戸錠?それはエースのジョー!ジョー!立つんだジョー!それはあしたのジョー!はた坊だジョー!ナイスガイとは何か、こちらをクリクリック。http://nice-guy.jp/ そう、フリーペーパーです。いやね、このフリーペーパーの何がすごいって、まったくもって内容が無いよう。くだらないの一言に尽きます。くだらなくて最高にヤバい、ってやつ?有益な情報は一つもありません。例えば2号なんて、ケニアってひたすら叫んだコラムがあったかと思えば、ページをめくると、かわいこちゃんたちのスナップ写真があったり、マルチクリエイター斉藤jamユウスケへのインタビュー的な何か、なんの意味も無いケツ毛占い、チヤホヤされたい人のための変化球講座、面白いことを目指さない(とおぼしき)四コマ漫画、とまあ挙げただけでもサッパリ訳の分からない、美空ひばりと離婚した小林旭の心境です。私もl-eマガジンにハワイ日記と題して煮ても焼いても食えないようなただただ軽いだけの文章を寄稿しておるんですが、ナイスガイにはシンパシーを感じておる次第です。はい。ナイスガイが普及すれば、世の中もっと良くなるんじゃないでしょうか。んなわけないか!創刊号がまだ未入手なので、早く欲しいんです。ください。


告知ばっかりのブログじゃマズいと思い、徒然なるままに書いて書いて背中を書いてまいりましたが、ますますまずいことになってしまいました。男女驚愕。でもまあきっと読みにくいから読まないでしょう。読んだとしても、斜め読み、だよねー?最初の数行読んで、最後のパラフラフ(←いまここ)に飛んじゃってると思うんすよ。とんでけー!もし全部読んだと言われる方はお知らせください。何か差し上げます。指差したりとかね。はい、では次回から告知ブログに戻ります。何のレスポンスも無いと思いますので。どうもありがと!(ハイヒールふうに)
posted by kinok at 01:18| 神奈川 ☀| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

ありがとう2012年

というわけで、大晦日です。


今年も一年お世話になりました。


反省や目標を立てたりはしない主義なんですが(笑)、また年が明けたら何か書こうかなと思ってます。今は帰省中なので、食っちゃ寝しないとね。


それでは皆さん、よいお年を!
posted by kinok at 17:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

エンリコ・マラテスタ&レナト・チウンフリーニ日本ツアー開催中

1349955104320.jpg1349955648020.jpg1349956563730.jpg1349957209878.jpg現在、エンリコとレナトのジャパンツアーの真っ最中であります。写真は、先日渋谷バーイッシーで行われた模様を激写してまいりました!

携帯からだけどちゃんとアップできるかな?
posted by kinok at 09:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

「あいつらは 忘れたころに やってくる」かえる目(今回はかえる科)ライヴ情報

久々の更新です。
サッカー見ながら書いてます。
って冷静を装ってますが、心中はスペインに勝った!やった!勝った!やった!と興奮しておるんですが、よく考えてみたら決定的なシュートミスが何本もあったわけで、次の課題ですな。

さて、本題。
週末に、かえる科のライヴがあります。
中尾さんがお休みの三人ヴァージョンです。
お馴染みのあの曲やこんな曲をやるかどうかはやっぱりわかりませんが、
なかなか出没しないかえる科は一見の価値ありですよ。

スペアンに柴田さんにと、お楽しみ盛りだくさんの夜です。
来れる人は必ず来てねー


7/29(日曜日)

ツチノコ企画 vol.3
『スペースアンパイア、かえる科、柴田聡子』


日時:2012年7月29日(日) 17:30開場 / 18:00開演
会場:SNAC http://snac.in/?p=2297

料金:
予約 2,000円+1drinkオーダー SNACのサイトからどうぞ
当日 2,300円+1drinkオーダー
posted by kinok at 01:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

やっぱ無理っす

さて、みなさんもうおわかりかと思いますが・・・
毎日ブログを更新するのはあきらめました。
言い訳はしません。
無理なんです!できません!ごめんなさい!

やはり、できることとできないことがあります。
できないものはできないのです。
その私にとってできないことの一つが、毎日のブログ更新なのです。
人間あきらめが肝心です。
何かをあきらめることで、先に進むことだってあるのです。

いやね、何日分かを書いてたんですよ。こないだ。そしたら、なんやわからんけどサファリが終了しましたとか言いよるんですわ!おじゃんですわ。ということもあったんですわ。あ、これって、言い訳?

今後は、できることを丁寧に積み上げて行こうと思います。

「クオリティーのハードルを上げすぎてブログの更新がなかなかできない」という反省から、どんな内容でもいいので毎日書いてみることに挑戦したわけですが、毎日書くことができなかったわけなので、思い立ったら、書かなきゃいけないことがあったのなら、それを躊躇せず、書く。それこそが重要なのではないかと。今頃気づいたのです。40も過ぎて・・。俺ってバリバリじゃん!

ではまた。


おまけ画像のコーナー

DSC_0087.JPG
「東急フードショーキューピー」
posted by kinok at 23:49| 神奈川 ☔| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

3/16/2012 UFOと古池くん

さあ、思い出すぞー!

先週の金曜日だ。うーん、そうだ、昼飯にUFOを食べました。

ごはんをチンして、いかなごと合わせて、そば焼き定食なり。

こんなん読んでもおもろないよな・・



あとは、、、ブログ書いてたか。抜けてる日の。



夜は、l-eへ。古池寿浩トロンボーン独演会を聴きに。

古池君の演奏を76分間もじっくり堪能!!

やべー、76分しか演奏してないわー

あ、失礼しました。

いや〜痺れましたよ!ほんと!

あっという間でしたね。さ、もいっかい!てな調子。

音楽から古池君を取ったら何も残らないわー

あ、またまた失礼しました。

さっき地獄のミサワというのを初めて見た感動でおかしなカットインがありましたことをお詫びいたします。




古池くん、また独演会やってね!


2012-03-16_20.46.07



posted by kinok at 02:12| 神奈川 ☀| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

3/15/2012 セグメンツ創世記六日目 残すところあと2回

思い出せん・・・

というわけで、告知にします!

3/18の日曜日に、セグメンツ創世記の六日目があります。

いやあ、とうとう六日目ですか。もちろんこのシリーズは七日目で終わるので、あと残すところ2回ですね。

前回は番外編ということで、今までやったものをセグメント化してやったわけで、

影絵もあれば、ランウェイもあり、ダンスもありましたね。

そして今回は、獣と家畜が生まれ、そしてついに、人間も誕生します。

といっても、その通りやってるわけではありませんが。。

あ、セグメンツというのは私が提出したコンセプトであり、創世記が企画の名前で、GENESisはグループ名で、鈴木さんが音楽、坂本君が照明、私と古池君がパフォーマンス担当です。念のため。

やっぱりうまいこと言える宣伝文句が思いつかない・・・

毎回来てくれてる宇波くんに聞いてみようかなあ。。

あ、前回の写真です。

IMG_8745.jpg




3月18日(日曜日)

セグメンツ創世記 六日目:神は獣と家畜と、神に似せた人を作った。

出演
GENESis (坂本拓也/鈴木學/古池寿浩/木下和重)

開場/19:30 開演/20:00
料金/1,500円+1ドリンク
場所/大崎・戸越銀座 l-e
posted by kinok at 04:18| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/14/2012 ホワイトデーだけど黒い

この日はホワイトデーでしたね。


帰りに渋谷のフードショーでチョコ買おうかと思ったら、サラリーマンのみなさんで売り場がわやくちゃになってたんであきらめて、二子玉のフードショーに行くと、うーん、空いてる〜。


何にしようかとグルグル。


ヨックモックの側を通ると、お姉さんが「一ついかがですか?」と、シガールを渡してきたんですよ。


俺、ヨックモックのシガール好きじゃないですかぁ?もちろんください、と。


よし!決めた!チョコ入りシガールに決めた!缶もカワイイし!


え?自分が食べたかっただけじゃないのって?


ちがいますよ!そうですとも!ちがう!そう!ちがう!そう!


というわけで、ホワイトデーだけど黒いチョコを贈ったというお話でした。
posted by kinok at 03:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/13/2012 豚の角煮といえば・・

この日の晩ご飯に、豚の角煮を作りました。



豚の角煮って聞いたら、

「角煮の確認!」

って必ずみんな言うよね。

いや、言ってる、確実に。

絶対に言ってるって。

人間の悲しいサガなんですよ、これが。認めないと。

言ってなくても、思い浮かべてるって。

思ってるってことは言ってるってことと同じだから。

じゃあもう一回言うから、自分の反応を確かめてみてよ。

いくよ、



豚の角煮



どうだった?言ったでしょ?

角煮の、

角煮のか、   く、   に、


みんな「ん」


そう!
おーいぇい!
フォー!
ブースカ!
ブースカ!
ブヒブヒ!



では、最後に豚つながりで、近所のトンカツ屋の看板をどうぞ!
例の豚さんがコック帽かぶってるパターンですよ

DSC_0809.JPG


posted by kinok at 03:22| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/12/2012 スマスマ、音楽のちから問題

さあ、思い出して書くぞ!

3/12は月曜日だから、、、あ、これ書いてるの金曜深夜二時。

うーん、月曜は月9でしょ、ほいでスマスマ見て、、、そうそう、スマスマだ。

SMAPが、福島の中学校の卒業式の練習だかなんだったかやってて、そこにサプラ〜イズで登場して一緒に歌うっていうコーナーが冒頭にあったんですよ。SMAPは震災以降、被災された方々に会いにいっていて、本当に頭が下がる思いです。生徒さんたち、嬉しそうだったなあ。

ほいで、卒業式の歌を一緒に歌った後、SMAPがみんなへのプレゼントで一曲歌いますと。何歌うんだろうかと思ったけど案の定、「世界に一つだけの花」だった。ま、そりゃそうだわな。SMAPのレパートリーでみんなが一番知ってる曲で、あの場に相応しいものってなると、これなんでしょうね。

誰もが知ってる曲を、聞いた人が喜ぶからやる。やり続ける。彼らは人を喜ばせるためにやってる、まさにエンターテインメントってことだよね。この姿勢は大変素晴らしいしと思うし必要なんだと思う。去年、東京ドームで開催されたSMAPのファンミーティングに行ったんだけど、ファンが喜ぶような演出に徹してて、もう楽しいったらありゃしない!いやあ、エンターテインメントのちからって凄いなと、感心させられました。

え?これってこの前書いてた「音楽のちから」じゃないのって?
出た!「音楽のちから問題」!

んーどうだろう。そのちからが元気にさせることだとするならば、確かに元気はもらいましたよ。もうウキウキでルンルンでお家に帰りましたからね。「音楽にちからがあるかどうかは受け取る人による」ってこの前書いたから、この場合はちがらがあるということになるんでしょうな。でも引っかかるよなあ。あ、そうか、元気になる=音楽のちからって図式がそもそもおかしいんだよね。今は大震災があっての非常時なわけで、元気になることが一番重要なことになってるけど、音楽は元気になるためだけにあるわけじゃあない。

震災を受けて自分のやってきたことに疑問を持ったりするアーティストっていうのは、誰かを元気にさせなきゃって思ってんだろうね。違うのかな?

また時間かかっちゃったから今日はこのへんで、エンドまめ。



木下和重
posted by kinok at 02:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

3/9/2012

ふわぁぁぁ。。。。。いつにもまして眠い・・あくび連発してます。

そうだ、今日は和ちゃんオススメのライヴを告知をしよう!





『ふいご』のリーダーであり、『ホース』、『中尾勘二トリオ』などでも大活躍のトロンボーン奏者、そしてそして、我が『GENESis』において抜群のパフォーマンス・センスを魅せる、

古池寿浩 氏のトロンボーン・ソロ演奏会があります。




古池君の演奏の特徴は、、、って、言葉にするなんて野暮なことはしたくないんだけど、ガイドって感じで言うならば、ドレミであるところの楽音を用いて、それらをリズムに乗せて組み立てるような類いではなく、息が身体及び楽器を通して変質させられることで得られる様々な音を時間に布置させていくような音響的なアプローチにあるんだけど、新しい音色を出すことが目的になってるような、音色無限地獄には陥ってはないんだよね。じゃあそこに何があるのか、何がないのか、それをみなさんに経験してもらいたいのです。それは、ある程度の長い時間かけて聴かれることによって、さらに魅力がアップするんじゃなかろうかと、そう思っとるわけですよ。いや、というのもね、この長尺ソロが聴きたい!ってリクエストしたの、私なんですよね。



いや、違う。こんな固っくるしくてはガイドにならんだろ。



例えば。

飄々とした風貌の古池君がね、トロンボーンから、ぷ〜っと、音を出すんですよ。

これがね、可笑しみを含んではいるんですよ。ほんと。

ぷ〜っとね、やるたびに、聴いてる方は、笑みがこぼれちゃう。

でも、だんだんと笑いが消え、その空間に身を浸すことができるっていうか、演奏に没入できるわけ。

次はどんな音が来るか、とか、そんなこと考えたりしなくてもよくなってる。

もうその空間に、時間に、自分がいるということが楽しくてしょうがないような。

笑いが、表面的な音にとらわれないで聴くためのブレイクスルーになってるっていうね、恐るべし古池寿浩。



熱意は伝わったかな?

というわけで、3/16は、大崎l-eに集合ですよ!

l-eの場所がわからんから・・とかは無しです!

わからない人は、私が案内します!連絡ください!






『古池寿浩トロンボーン独演会』


日時:三月十六日(金)
   七時半開場/八時開演

料金:千五百円+お飲物

場所:大崎l-e
   東京都品川区豊町1-3-11 スノーベル豊町 B1
   http://www.l-e-osaki.org/


普段あまりやる事の無い長尺でのソロをやる予定です。
中国語でトロンボーンの事を「長號」と書きます。






けっこう時間がかかってしまった。。。
さ、寝るか!
posted by kinok at 03:53| 神奈川 ☔| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

3/8/2012

どうやら遊人が、あ、間違えた、友人が俺の真似してブログを毎日更新すると気を吐いているようだ。

ボケ防止じゃなくて、大人の嗜みだとか。

なにをー!こしゃくな!負けねえぞ!今日も更新してやっからなー!



さて、と。書くことないです!
寝ます!おやすみなさい!


というわけにもいかないので、今日は昨日見た(時制ややこしい)テレビの話でも。

テレビでは今週に入って、震災関連の番組が放送されてますね。

一年だからって急に色々やりだすのも変な話だと私は思うけど、やらないよりはいいでしょう。

でも、あの日を忘れないためにって普段言っても無いのに節目だからってなんなんだと。

大事なことは、しょっちゅう言わないと。





失礼しました。

で、昨日ちらちら観たのは、『日テレ系音楽の祭典 音楽のちから2012』という三時間生放送大型音楽番組。

主たる目的は、被災された方々へ元気の出るテレビ、じゃなかった、元気の出る歌を送るというもの。

でもさあ、元気が出るかどうかは、個人差があるよね。

そもそも、何をして元気が出るっていうのか。

やる気!元気!いわき!

とりあえず私は、ゆずとか聞いても何とも思わないさ。

今なら、ホライズン山下宅配便の「期待」を聞くとガン上がりになるもんさ。

神々の期待にこたえて友達とハンバーグ食べるさ。

てことはよう、やっぱさあ、好きな歌ってことになるわさ。

いや、もちろん知らない曲でも、元気でた!ってなることも、ある。

でもそれじゃあ番組はなりたたない。

数字を取らなきゃいけない。

だから結局、有名人なんですよ。テレビ見てる人なら誰もが知ってる。

そのへんの歌のウマい人よりも、嵐が来てくれたほうが絶対嬉しいにきまってるよね?

俺も嵐見たいもん。

だからさあ(渡部篤郎ふうにぶっきらぼうな感じで。あと、小刻みに体を揺らしながら)、

「音楽のちから」ってタイトルは、間違ってるじゃないかなーって、私思うの。

正確には、「有名人のちから」ってことだよね。

難癖つけてるわけじゃなくて。肯定的に言ってます。



「音楽のちから」っていうのも怪しい。

全ての音楽に"ちから"があるんだろうか?

"ちから"がある音楽 ”ちから”がない音楽

ちからうどんは餅が入ってるよね。

音楽にも餅みたいなのがあると、"ちから"のある音楽っていうのだろうか。

音楽における餅って何だろう。

餅があるかないか問題。

いやいや、そうじゃなくて。対象の問題じゃないよ。

この場合は、聞く人が元気になることが重要なわけで。

元気だ!って聞く人が思ってはじめて、"ちから"うんぬんって話ができるんじゃね?(急に若者ぶった)

つまり「音楽のちから」って、それを感じたときにしかわからないものだと。

だから、それを発振する側が言うことじゃない、と私は思うわけで。



まあ、音楽のちからって言っとけばそれなりにカッコがつくってもんか。

番組サイドは私のようなこと言ってる奴に向けて放送はしてないからな。

さっき鈴木奈々がドビュッシー「月の光」聞いて、「歌がないのに音楽なの?」的な発言しててビビった。



長くなってしまった。寝るって言ったのに!

まあ、そんなこんなで、嵐の新曲「ワイルド・アット・ハート」はイイね!

俺がDJするときは、スマップの「俺たちに明日はある」と連続スピンで決まり!



さ、寝るぞ!寝るぞ!寝るぞ!
posted by kinok at 02:44| 神奈川 ☔| Comment(1) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

3/7/2012

三日目かぁ。これでやめれば、晴れて三日坊主になれるっちゅうもんですな。

ほな、さいなら!




・・・というわけにもいきませんので、今日は告知なんぞしてみたり。

かえる目のライブのご紹介。

なかなかライヴをしないかえる目ですが、なんと今月は、三本もあるぞなもし!




まずは、3/11。これはyumboさんのレコ発にお呼ばれです。

もうすでに予定枚数は終了しているとのこと。詳細はこんな感じで。


3/11(日)南池袋 ミュージック・オルグ (03-5954-4909)
http://minamiikebukuromusic.org/
出演:yumbo、かえる科(細馬宏通、宇波拓、木下和重)
open 6:00pm / start 6:30pm
2,500円(前売)/ 3,000円(当日)





で、次が3/29、30の2デイズ。
こちらは、ちょっと変わった企画もの。
あちゃらの歌を日本語で歌っちゃおう!っていう。

詳細は、mapのサイトに小田さんが書いてくれてはりますので、そちらをどうぞ!

「かえる目があの曲を歌う! 日本語で唄いカエルvol.1」
http://mapup.net/wp/2012/03/utaikae/#more-1724




で、ライヴの詳細がこちら。

「替え歌スター誕生〜横浜大会〜」
◯日程:2012年3月29日(木)  7:00 open / 7:30 start
◯場所:横浜・黄金町 試聴室その2
◯価格:2,000円(adv.)/ 2,500円(door)  (+1drink 500円)
【前売りは、試聴室その2まで、】

◯出演:かえる目(細馬宏通・宇波拓・木下和重・中尾勘二)
真夜中フォークミュージック(植野隆司・三沢洋紀・ゆっこ)
◯内容:驚愕の飛び入りコーナー有り
ライヴ(かえる科、真夜中フォークミュージック)
※最後に出演者全員による「we are the world」の大合唱の予定有り。





「日本語で唄いカエル 東京編」
◯日程:2012年3月30日(金)  6:30 open / 7:00 start
◯場所:スタジオイワト 東京都千代田区西神田3−8−5 ビル西神田1階
【JR水道橋/地下鉄神保町 or 九段下から歩いて6分】
◯価格:2,000円(adv.)/ 2,500円(door)  (+1drink 500円)
【前売りは、ticket(at)mapup.netまで、】

◯出演:かえる科(細馬宏通・宇波拓・木下和重)【この日は中尾勘二氏はお休みです】
真夜中フォークミュージック(植野隆司・三沢洋紀・ゆっこ)
◯内容:細馬宏通(a.k.a.かえるさん)先生による「唄い替えワークショップ」
ライヴ(かえる科、真夜中フォークミュージック)








先ほど細馬さんより、新曲のデモが送られてきました。
相変わらずの驚愕の世界が繰り広げられておりました。
みんな来てくださいねー!



いやはやしかし、もう眠とうて眠とうて、あきませんわ。今週のなぎ食堂は忙しくてちょっと疲労がたんまりと蓄積してまして。お気に入りのザクリッチ(しかもnewやで)も食べたことやし、ブログも書いたことやし、寝かせてもらおかな。あー、風呂入ってなかったわ。風呂廃呂。いや違うがな、風呂入ろ。こないだなんか体洗いながら寝てしもて、お前は桂三枝か!言うぐらい椅子からすってんころりん落ちてもてん。あほやろ?いやいや、桂三枝があほやて言うてるんとちゃうで。三枝師匠があほとちゃうのぐらいみんな知ってるがな。みんなって誰やねん。みんなはみんなや。みんなのうたってあるやろ?あれにやで、みんなって誰やねん!ってつっこみ入れる奴おれへんやろ?みーんなのうたや。誰でもええねえ、結局は。誰でもええんですか!でも、そない言われたらそうかも知れまへんなあ。そうやって曖昧にするのが大人、ちゅうもんなんやろね。あんさん、うまいこと言いますな。あんさんって、まるで渡辺謙の前妻の娘みたいなふうに言わんといてください。いやいや、そっちやおまへん、鈴木杏のほうですわ。杏樹?ちゃうちゃう!樹なんか一本も生えてませんわ!以上、樹下和重でした。
posted by kinok at 01:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする