2008年03月25日

三太10号

もうゲットして熟読してる方もいらっしゃったりいらっしゃらなかったりする、

「三太」の最新号が出ましたよ!

凄いです、10号達成ですもんね。おめでとうございますぴかぴか(新しい)

そんな喜ばしい記念号に、私も寄稿させてもらいました。

「segments という音楽 ~ジョン・ケージとは関係ある~ 後編」

前号からの続き物なんで、必ずセットで読んでくださいね。

「~ジョン・ケージとは関係ある~」って言うのは、もちろん大谷君の印象的なフレーズをちょっくら失敬させてもらいました。大谷君のケージは関係ないってフレーズ、ケージを軽視してるんじゃないのに、誤って引用されたりしてるのを見ると悲しくなりますね。。

後編は、構造概念と絡めてケージと即興演奏について言及してるので、即興演奏家は要チェック。もちろん即興演奏家以外の方も。

最後の節には、私のソロアルバム「segments」にも触れています。実はこのアルバム、結構挑発的な作品だったりすることが明らかになってます。って誇大広告?でも、そうなんです。音数が少ないだとか、どんどん増えるとか、ノイズだとか音色だとか音響だとかいわゆる沈黙ものだとか、そんなこたぁどうでもいいんです。っていうか、もういいでしょうよ。シュミレートばっかしてると、音色無限地獄に落ちますよ!

さて、今回は文体上で数々の試みを実践してみました。
ですので、読みにくいかもしれません。。面白いと思うんだけど・・私は・・

お近くに「三太」が無いという方は、lilmag

もしくは私のライブでゲットしてください!
「segments」も買ってね!


次回更新は、来月のライヴ情報です!たぶん!お見逃しなく!


posted by kinok at 02:26| Comment(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。