2016年10月16日

1015


まずいパスタを食わせるなんて犯罪だ!!
あ、取り乱してしまいました。
どうまずかったのか詳しく書いてたんですが、消しました。
まあね。パスタは自分で作った方がいいですね。
あ、蟹クリームパスタとかは作れませんが。蟹がないんだもん。


----


世田谷美術館で行われてる企画展、『志村ふくみ――母衣(ぼろ)への回帰』に行ってきました。
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html

志村さんのことは全く存じ上げておらず、たまたま世田美のサイトで見て、
色が綺麗だなぁーん、とめっちゃアホ感想ですが、これは行ってみようと思い立ったわけです。
有名な方だったんですね。京都賞も受賞されてはるし。不勉強でした。

色はもちろんとても魅力的だったんですが、
織物は基本、縦糸と横糸が合わさって成されてるわけで、
言ってしまえば単純な工程ですよね。
なのに、あれだけの豊かな表情を生み出してるのにもう驚いてしまいまいました。
知ってる方にとっては何を今更ジローという感じでしょうが。
カクカクした模様とかは理解しやすいんだけど、
微妙に移ろっていく色のグラデーションとか、どうやって作ってるの?
縦糸は途中で変わってるの?同じなの?横糸の関係性はどうなってるの?不思議…
実際に作ってみないとわからないな、こりゃ。

音のテクスチャーって言葉をよく見たり聞いたり使ったりしますが、
これは音楽を織物として例える表現ですよね。陳腐ではありますが。
でも今日は、その逆でした。
志村さんの織物、テクスチャーから音楽が聴こえてきました。
フェルドマンの気持ちがよくわかるってもんです。
実際の気持ちはわかりませんがね。

「単純な仕組みから豊かな結果をもたらす」
これは私の制作においてのモットー冬樹です。
志村さんの意図とは関係ないところでしょうが、私にとっては有意義な1日でした。
糸だけにね

--

パンで冷蔵庫がパンパンになってる、って無意識に言えちゃうほど成長しました。


晩飯は、なんちゃって参鶏湯を作ってあったまった。
急に寒くなって、風邪が流行ってるよう。
気をつけましょうねー
そんで、ライブに来てねー

きの



10/28(金曜日)

『井の中の蛙vol.28 〜コイケデリック・キノーシス・エレクトリック〜』

古池寿浩 (trombone, ipad, etc.) ソロ&デュオ
木下和重 (electric acoustic violin) ソロ&デュオ

会場:l-e(大崎、戸越銀座)
時間:19:30 open / 20:00 start
料金:1500円(1ドリンク込み)
http://www.l-e-osaki.org/





posted by kinok at 02:35| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。