2009年03月13日

明日はCrack 7 

花粉症で苦しんでたら、今週は風邪もひいちゃいました。
健康一番です。


さて、
明日のCrack 7では、RGBとdeath-logicが合体です。
death-logic自体がDETHANOVAとanalogicの合体だから、合体の合体。
もう明日は、音と色と映像とレーザーやら何やらで、どえらいことになりそう。

お時間ありましたら、ぜひ。

今月末は、2台のヴァイオリンがあなたを魅了する、
Segments Project vol.3 [split violin]
もありますので、お期待ください。
こちらの詳細は次回アップ分で。って、前回も書いたような・・・
今年は色々やりますよ。マイペースですが!
なもんで、他にもまだまだお知らせすることあるんで、
お楽しみに!








2009年03月14日

Crack 7

場所:千駄ヶ谷loop-line
料金:1,500円+drink代 
開場:19時30分 開演:20時00分

出演:
death-logic
RGB



今回はdeath-logicとRGBが異種交配します。

[yoichiro shin drum solo with RGB]
 snaRe drum
  hiGh-hat cymbals
  Bass drum

 ドラムセットにRGBシステムを搭載



[和田良春&木下和重 with analogic]
 violinとbassの音がanalogicシステムに吸収され、

  音が投影される・・

    映像が聴こえる・・



----------- death-logic -------------
DEATHANOVAこと進揚一郎(optrum他)とanalogicによる合体ユニット。
ドラムを叩くことによりanalogicのvideo/audio
mixerによるフィードバックシステムが稼働、高速で映像が切り替わり、その映像が音に切り替わる。


------------- RGB --------------------
RGBとは、光の3原色 Red、Green、Blueの頭文字です。
TVやPCなどのモニターはこの3原色の光強度をコントロールし、映像を投影しています。
本プロジェクトでは、3名の演奏家のサウンドがRGBの光強度をコントロールし、会場の壁面などに投影します。
物理現象としての音の視覚化です。
(鈴木學)

演奏者:和田良春  yoshihaRu wada(bass)
    木下和重 kazushiGe kinoshita(violine)
    鈴木學 manaBu suzuki(electronics)


posted by kinok at 18:43| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。