2013年08月23日

今週の土日は、l-eが熱い!土曜はイグイグ!日曜はセグメンツ!

猛暑だからって、もうしょうがないなあ、なんてアスクルCMみたいなこと言いませんが、みなさんお元気でしょうか?私は元気かと言われたら元気じゃなくても元気だと答えますが、普段は俺って元気かな?なんて考えません。みなさんはどうですか?体調管理はしっかりしてますか?水分補給で冷たいものばかり飲んでると、冷え性になったり、便秘になったり、抜け毛が増えたりするようなので、気をつけてくださいね。ってテレビで言ってました。


今週の土曜日、鈴木學氏と毎月行っている、『イグノラムス・イグノラビムス ミュージック』があります。

そして翌日は、『セグメンツ・プロジェクト2013 第3回 意識と時間:前編』があります。


まずはイグイグのご紹介から。
今月で12回目のイグイグになります。一周年記念です。盛大に祝おう!空に〜憧れて〜♪


イグイグは数回前から、テーマを設けました。そのテーマに関する出し物を二人が各々考えて、「Suzuki's Side」, 「Kinoshita's Side」 としてそれそれ30分間披露するという構成になってます。出し物は音を扱う場合もあるし、パフォーマンス要素の強い場合もありあす。いずれにしても、音楽についての考察によるものです。


前回のテーマは「尻窄み」でした。それに関する事前説明をl-eのサイトに書きました。ここで、イグイグの基本姿勢なんかも書いてるので、一読して頂ければ災いです。間違えた、幸いです。
http://www.l-e-osaki.org/?m=20130720 


で、尻窄みで実際何をやったかというと、、、、これ書くとどうなんだろうなあ。いつも迷う。ネタばらし書いたところで伝わらない。伝わらないので書きません。ちなみに、私は即興音楽のある要素が永遠に続くような出し物を、鈴木サイドはエレクトロニクスを使った驚愕パフォーマンスでした。あ、書いちゃった。鈴木サイドの模様は、こちらに写真がありますよ。微笑ましいです。うそです。
http://www.l-e-osaki.org/?p=2090



今回のテーマは、「暇」 

Kinoshita's Side の出し物は決まっております。

『en 4 melodias』(world premiere)

composed by Mitsuteru Takeuchi
violin by Kazushige Kinoshita
electronics by Manabu Suzuki



com+positionのメンバー 、竹内光輝氏に作曲を依頼しました。
Suzuki's Side の出し物はまだ聞いておりません。何だろう、楽しみ。

しかし、何を楽しみだと思うかは、大きく分けて二種類のタイプに分けられる。
それは、わからないことを楽しめる人と、わかってることしか楽しめない人だ。
そして、後者が圧倒的に多い。
イグイグは、前者の少数の人に向けられたもの、かもしれない。
需要があるからやってるわけではない。
やらずにはいられない、そんなとこ。
我々は走ることを止めない。とか言ってみたり。



8/24(土曜日)


イグノラムス・イグノラビムス ミュージック
Chapter 12


今月のお題 『暇』

現代ではある意味、『音楽』をすること自体が『暇』の代名詞だったりする。
ということは、わざわざテーマとして『暇』をあげたりする必要はなにもないかもしれない。
でもわれわれにとって、
イグノラムス・イグノラビムスは『音楽』に対する行為であり、
『音楽』は生きている意味や糧であったり、生まれてきた後付の理由だったりする。
だからわれわれは『暇』と、真摯に向き合わなくてはならない。
鈴木學

出演:
木下和重 something
鈴木學  electronics etc.




ーーーーーーーー


8/25(日曜日)


Segments Project 2013

『セグメンツ的時間論』(全7回)

第3回「意識と時間:前編」

ゲスト:池田陽子 violin 、坂本拓也 projector


時間 14:00 〜 17:00
料金 1500円+ドリンク代
場所 大崎l-e http://www.l-e-osaki.org/

presented by 木下和重








posted by kinok at 00:27| 神奈川 ☀| Comment(0) | イグノラムス・イグノラビムス ミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。