2013年02月28日

GENESis からあなたへ 〜恋の情報漏洩〜

失礼しました。故意の誤りでした。お詫びして訂正いたします。



あ!


お詫びと言えば、前回は大変お見苦しい姿をお見せしてしまい申し訳ございませんでした。だらだらとロングアンドワインディングロードよろしく長ったらしく改行もしない見にくいことこの上ない文章で、しかも内容が無いようときたもんだ。本当にすいませんでした。ごめんなさい。なんなら謝罪会見でも開きましょうか。こっそりと。案の定といいますか、まったく反響はありませんでしたね。ええ。そんなもんですよ、世の中って言うのは。そう思いませんか?Boy Meets Girl 幸せの予感 きっと誰かを 感じてる。Fall In Love ロマンスの神様 この人でしょうか。どうにも広瀬香美の歌詞をちょいちょい挟むのが癖のようです。あ!まったく反響が無かったというのは嘘です。お独り様が、現代文明が生み出した闇または掃き溜めである、通称ツイッターから私のほうに連絡がありました。全部読んだよ〜って。お気の毒に・・・。でもその方、「誇りを持とう踊るマハラジャ」がお気に召したようでした。ナイスですね〜。もちろん元ネタは、「ムトゥ踊るマハラジャ」です。その方は、かなり映画に精通されているようなので、無理もありませんね。そう!正解!その方は男性です。とにもかくにも、ありがとうございました。では、このへんで、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、待て待て待て待てぃ!今回は告知でぃ!

そう前回、告知ブログに戻ります宣言したので、告知しなければ自分に嘘をついてしまうことになってしまいます。いつも自然体で生きていきたい、渡辺満里奈を師と仰ぐ私にとって自分に嘘をつくということは不自然極まりない行為なので告知だけは譲れないのです。自分を大切にするってことがどれほど大切かあなたわかりますか?!一生霞食って生きてろって言うんですか?!なんのこっちゃさっぱりわからない切れ方をしたところで、告知させて頂きます。



GENESis 2nd.シーズンは、十字架の上でキリストが発せられたとされる七つの言葉を各公演のタイトルに付して上演してまいりました。ちなみに前回は何をやったかというと、前半は暗闇で時を正確に報じない時報、拍子を正確に刻まないメトロノーム、リレー音を、後半は、公演中にあみだくじを床に作り、その上を鬼が進み、出演者全員を鬼に同化して最後にお客さんに豆を投げつけられました。なんのこっちゃさっぱりわからないという読者の声が聞こえました。私にはそういう力もあるのです。ふ、ふ、は、は、は、は。



今月、3月10日(日曜)は、

『第六の言葉:終わった(テテレスタイ)』を上演します。



内容は内緒です。あ、鬼は出てきませんよ。たぶん。



というわけで、残すところあと2回です。


最終回は、4/20、21の二日間で行われます。
都合のいい方にお越し下さい。内容はちょっと違います。
場所はもちろんGENESisのホーム、大崎l-eです。


まずは、3/10、お待ちしております。
開演時間がいつもより30分早いので気をつけてください!


木下和重




3/10(日曜日)

GENESis 2nd season

『第六の言葉:終わった(テテレスタイ)』


開場/19:00 開演/19:30 (いつもより30分早く始めます)
料金/1500円+1ドリンク
会場/大崎l-e http://www.l-e-osaki.org/



出演:GENESis

<メンバー>
木下和重 作曲/パフォーマンス/ヴァイオリン
古池寿浩 パフォーマンス/トロンボーン
坂本拓也 プロジェクター
鈴木學  エレクトロニクス

<GENESis ジェネシズ>
木下和重が提唱する『Segmentsセグメンツ』というコンセプトを複合メディアを用いて具体化させるグループ。木下によるシリーズ企画『セグメンツ・プロジェクトSegments Project』において誕生した。その特徴は、鈴木學による自作の電子装置から発せられる野性的な電子音。坂本拓也の操作するプロジェクターから発せられる光と影、そして色。古池と木下の身体表現によるパフォーマンスなど。意味性は極めて切り詰められ、希薄化されることにより、それらの存在基盤そのものが立ち現れる。

2011年8月よりl-eにてほぼ毎月公演を行っており、また2012年11月には武蔵野美術大学でも公演を行った。武蔵美公演のイカしてるポスターがこちら。http://esporre.net/genesis/


posted by kinok at 17:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | GENESis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

俺ってナイスガイ?

「日本の底力」とか。「クールジャパン」とか。「ジャパンパワー」とか。熱いんだか冷たいんだか。その間に情熱があるんだか無いんだか。何かと、俺たち日本人ってすげえんだぞ!えっへん!っていう仁王立ちが似合うキャッチフレーズが飛び交う昨今ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。おばんです。私はおじんです。あ!他にもあるね。「海外で受けてるジャパンカルチャー」とか、「日本大好き外国人さん!」といったテレビの特集ね。最近多いね。あらま、私達って気づかないうちにこんなにすごいことしてたのね、的なね。そんなこと言ってる人たちは別段すごいわけでもないけれど。頑張れニッポン!まあ、自信を取り戻そう的なやつですね。自信さえ取り戻せば元気になれるんだから大丈夫!はいバイアグラ!って、まるでED治療の・ようなものですね。ということはア◯◯ミクスもバイアグラみたいなもんなのかもしれませんね。ちょっと言ってる意味がよくわかりませんが。お腹すいてんの?もっと有益な情報をくれよ!といった声が聞こえました。そう、私にはそういう能力も備わっているのです。ぽわわわ〜ん。では、今一番日本ってすげえな!って思えるし思われるのものといえば、はい、あれしかありませんよね。そう、アレ。日本が世界に誇る建築物、そう、「スカイツリー」で〜す!ピードンドンパフパフ!こないだテレビでスカイツリーの特集があるっていうんでいそいそと見たんですよね。そしたら、スカイツリー自体のお話ではなくて、その周辺にある下町の商店街も頑張ってるぞ!という内容でした。何十年もやってますよ、っていう一件の老舗の煎餅屋さんがフューチャーされてて、あ、間違えた、フィーチャーされてて、元気なおじいちゃん店主がスカイツリー効果を期待してますぅ〜って言ってました。ほんでほんで、ほんでりんぐ。煎餅を作る行程の中に、煎餅を乾かすって作業があるみたいなんですよ。いつもベランダみたいなとこで干してたらしいんですが、な、な、なんと、スカイツリーができたせいで、ベランダが影になっちゃって、煎餅が干せなくなっちゃったんだって!オーマイゴッドだね!スカイツリーこのやろう!何やってんだよ!馬鹿野郎この野郎!と私は思ったんですが、な、な、な、なんとそのおじいちゃん店主、スカイツリーでみんな盛り上がってるんだから、そこに水を差すようなことがあってはならないよねぇ〜、って言うんです。。。はぁ、私が馬鹿野郎この野郎でした。反省猿の・ように反省しています、今。おじいちゃん店主はそんな逆境にもめげず、詳しくは忘れましたが、陽の当たる場所と時間を探し出し、なんということでしょう、煎餅を干す場所を変えたんですよ!文句も言わず。えらいなあ。そう、これこそが、日本人の誇る「知恵」、なのではないでしょうか。チエ〜金くれ〜!鉄!うるさいわい!鉄・・・じゃなくて、アメリカ人ならこうはいきませんよね(確信は持てません)。そう、逆境も工夫次第でなんとでもなるのです。ライムスター言う所の、「K・U・F・U」ですね。いやあ話がうまく戻ってきました。そのへんにいる校長先生よりは話うまいでしょ?ふ、は、は、は、は。いや、ちょっと待てよ、アメリカ人ならきっと、裁判おこしますよね(確信は持てません)。陽当たらへんやんけ!金よこさんかい!って(確信は持てません)。それで裁判に勝ったりしたら賠償金でもっとお店大きくしたり、いろいろできるかもしれませんよ。確かに波風立てずに周囲の人たちと調和をとるのも大事かもしれません。でも主義主張を殺して、自分さえ我慢すれば・・っていう日本人特有(確信は持てません)の性質が、いじめとか外国との交渉やらなんやら色々と問題を引き起こしているっていうこともいえるかもしれないなーなんて思っちゃったりしちゃったりなんかしちゃったりして。スポーツでもありますよね、ルールを変えられちゃうっていうやつ。で、私が何が言いたいかって言うと、言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズン的なことではなく、誇りを持とう踊るマハラジャでもなく、タイトーな関係をセガむんでもなく、のっぽんを取り戻したいわけでもありません。私が言いたいのは、ナイスガイを読め!!ということです。ナイスガイって何やねん?小林旭のこと?それはマイトガイ!宍戸錠?それはエースのジョー!ジョー!立つんだジョー!それはあしたのジョー!はた坊だジョー!ナイスガイとは何か、こちらをクリクリック。http://nice-guy.jp/ そう、フリーペーパーです。いやね、このフリーペーパーの何がすごいって、まったくもって内容が無いよう。くだらないの一言に尽きます。くだらなくて最高にヤバい、ってやつ?有益な情報は一つもありません。例えば2号なんて、ケニアってひたすら叫んだコラムがあったかと思えば、ページをめくると、かわいこちゃんたちのスナップ写真があったり、マルチクリエイター斉藤jamユウスケへのインタビュー的な何か、なんの意味も無いケツ毛占い、チヤホヤされたい人のための変化球講座、面白いことを目指さない(とおぼしき)四コマ漫画、とまあ挙げただけでもサッパリ訳の分からない、美空ひばりと離婚した小林旭の心境です。私もl-eマガジンにハワイ日記と題して煮ても焼いても食えないようなただただ軽いだけの文章を寄稿しておるんですが、ナイスガイにはシンパシーを感じておる次第です。はい。ナイスガイが普及すれば、世の中もっと良くなるんじゃないでしょうか。んなわけないか!創刊号がまだ未入手なので、早く欲しいんです。ください。


告知ばっかりのブログじゃマズいと思い、徒然なるままに書いて書いて背中を書いてまいりましたが、ますますまずいことになってしまいました。男女驚愕。でもまあきっと読みにくいから読まないでしょう。読んだとしても、斜め読み、だよねー?最初の数行読んで、最後のパラフラフ(←いまここ)に飛んじゃってると思うんすよ。とんでけー!もし全部読んだと言われる方はお知らせください。何か差し上げます。指差したりとかね。はい、では次回から告知ブログに戻ります。何のレスポンスも無いと思いますので。どうもありがと!(ハイヒールふうに)
posted by kinok at 01:18| 神奈川 ☀| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。