2010年12月31日

神戸着いてからの〜

20101231174254.jpg雪で到着遅れ、ようやくケーキ屋に。結局、トゥーストゥースにした。モンブラン納め。


posted by kinok at 17:43| 神奈川 ☀| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いざ、神戸へ

20101231135528.jpg弁当と茶と土産買ったら、もうそこは、いい旅夢気分なわけですよ。わくわくしちゃってね、オザケンなんか歌うわけですよ。旅に出る理由は帰省なわけだけども…

今回はまい泉のトンカツ弁当にて。
posted by kinok at 14:23| 神奈川 ☀| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サヨナラ2010

さ、今年も今日で終わり。

もうすぐ帰省するんで、簡単に、セグメンツ・プロジェクトだけでも振り返ろうかと。




vol.8「Re: 2009 」

vol.9 「音と光のセグメンツ」

vol.10「初めてのセグメンツ ワークショップ編 〜さあ、みんなでセグメンツ!」

vol.11「電子音響によるセグメンツ」

vol.12 「ワークショップ編 〜もっと、みんなでセグメンツ!」

vol.13 「死について 光と闇のセグメンツ』」

vol.14「ラスト クリスマス」

出張編で、pool、20202、大阪コモンカフェ






今年のセグメンツの特徴は、構造を入り口にして精神的/霊性世界への繋がりを目指したとこにあります。
無意識や深層心理と言い換えてもいいかもしれません。
目に見えるもの耳に聴こえるものがすべてではない世界。
セグメンツによって認識や知覚に変容をきたし・・・・




って、とこで時間切れ!


続きはまた来年!



よいお年を!
posted by kinok at 11:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010ドラマ

残すところ、あと一日。

今年見たドラマでも書きますか。



曲げられない女
ブラッディ・マンデイ2
月の恋人
チーム・バチスタの栄光2
ヤンキー君とメガネちゃん
アイリス
ホタルノヒカリ2
夏の恋は虹色に輝く
GOLD
フリーター、家を買う。
ギルティ


てなとこでしょうか。


では、まいりましょう。



木下和重が選ぶ、2010ドラマBEST3!!!!!!!




第三位は、「ギルティ」です!

なかなか楽しめましたね。ドラマの世界観にどっぷりはまってました。
宇喜田とか、宇喜田が飼ってる殺人鬼溝口とか、悪いやつでしたねー怖かった!
最終回の芽衣子の選択も、納得です。最後に救済も用意されてたし。
しかし!あのペットショップ店長の告白はいるの??
あそこのシーンの、二時間ドラマ的強引さに違和感を感じました。
芽衣子が「うそー!」って嘆いてましたけど、TV見てる我々も同じ気持ちでしたよ!




第二位は、「GOLD」です!

野島伸司脚本は、やはり素晴らしい!ほんと面白かった!
刑務所での早乙女悠里の演説とか、凄まじかったなあ。
シリアスなテーマを軸に笑いあり涙ありの文句無しのドラマでした。
現実的じゃないとか批判もあるけれど、そりゃそうでしょうよ。
あの世界観で何が言いたいのか、そこを見なくちゃ。
そして、配役もお見事。
特に、悠里の娘役、武井咲でしょう。
美形でスタイルも良く、彼女は必ずやビッグになるでしょうね。
さすが野島伸司!若い女優を見る目はやはり違うなと。
彼がキャスティングしたかどうかは知りませんが。。




そして今年の第一位は、「ホタルノヒカリ2」です!

いや、これはもうね、やるって決まった時点で一位ですよ。一位!
もう好きなんですよ。好きってだけじゃだめかしら!
綾瀬はるか出世作、ホタルノヒカリは特別なんです。
まあでも、ドラマ的にはどうかなって思うとこがいくらかあるんですが・・
2は雨宮と部長と瀬乃の三角関係が主なトピックだったのでしかたがないんでしょうが、
他の登場人物の描き方が1に比べて薄かったがために、広がりが出なかった。
もったいなかったなあ。
結婚式のシーンも無かったし。ほんとに映画化されんのかな?






もっとくだらないことも書けますが、自粛しませんと。
ちなみに2011年冬ドラマは、見たいものが目白押し!
それはまた別の機会に。
posted by kinok at 02:16| 神奈川 ☁| Comment(1) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。