2010年02月28日

明日28日は、segments explosion のライヴ

いやー、「ブラッディ・マンデイ」面白いですね。
こんばんは、木下和重です。


明日のライヴのお知らせです。
Ryusenkei-Body さんのイベントに、
segments explosion で出演させていただきます。


先日、坂本くんと打ち合わせしたんですが、
先月のセグメンツ・プロジェクトでやった最後の曲が
お互いの共通イメージとしてあったようで、
豚豚病死、あれ?変換がおかしいぞ!
トントン拍子で話が進み、曲が完成しました。


前回まで坂本くんはプロジェクターを用いて、
色のセグメンツを出していったんですが、
今回はブラウン管2台を使用します。
そして、色で時間を区切っていくのではなく、
ブラウン管は、単純な発光装置として使用されます。


構え以降、ちまたではヴィジュアル系ヴァイオリン奏者と言われてる私ですが、
segments explotionでは、またひと味違ったヴィジュアルをお見せできるかと。




よりシンプルに、より凶暴に、強烈なカタルシスを!


明日、爆発します。



前回のliveの模様はコチラで
http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=102455548






そうそう、坂本母のパンチラインもかなりの爆発力ですよ(笑)









2010年02月28日


RYUSENKEI-BODY'S NICE CURVE
open/19:00 start/19:30
2000円(1drink)



出演
segments explosion(木下和重/violin 坂本拓也/visual)
曽田陽
Ryusenkei-Body




segments explosion
(木下和重/violin 坂本拓也/visual)
ある時は右から、
またある時は左から、
青になり赤になり、
上がったり下がったり、
長く短く、
すべてはエクスプロージョンへと至る道。
クライマックス至上主義型エンターテイメント的実験芸術、
それがセグメンツ・エクスプロージョンなのだ!



Yo Soda
曽田陽
1980年生まれ。「指標ゼロ」主催。
amplified saxophoneによるソロパフォーマンスや、
伊藤匠(Tsuki No Wa)率いるRyusenkei-Bodyをはじめとした、
ミュージシャン/ユニットとの共演等、活動中。
2006年リリース「Ryusenkei-Body/LS」(mao)にゲスト参加。
http://shzero.exblog.jp/



Ryusenkei-Body
Takumi Ito(TenorSax,Electronics)
Toru Hayakawa(Bass,Electronics)
Masatsugu Hattori(Drums,Electronics)
「Tsuki No Wa」のサックス奏者、伊藤匠が2003年から始めたインストバンド。
サックス(コンピューター)・ベース・ドラムスで構成され、
ロジカルかつラディカルな作曲・編曲・演奏方法を用い、
オリジナル曲をはじめ、ジャズ・スタンダード曲も演奏する。
従来の音楽的フォームの認識を横滑りさせ、その外部への飛躍を目的とする。
が、それは内部への遡行をも意味し、音楽的な全ての二項対立に対する、
迂回・逃走の記録的なバンドである。
2005年、コンピレーションCD「Le son sauvage」(EastWorksEntertainment)に参加。
2006年、フルアルバム「LS」(mao)を発売。
http://www.ryusenkei-body.com/


posted by kinok at 01:25| ☔| Comment(0) | segments explosion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

甲府駅にて

20100213122409.jpgありがちだなぁ〜(笑)
posted by kinok at 18:56| ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

鬼だぞー!

20100203202116.jpgがおー!
posted by kinok at 23:18| 🌁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。