2009年04月23日

新入りお披露目 〜オルガンがやってきた!

organ.jpg



義理の祖母からオルガンを譲り受けました。


新入りながら貫禄ある面構え。


しぶいなあ。かっこいいなあ。


ネットで調べたら、ヤマハの7ストップ付きリードオルガンというもののようです。


いわゆる足踏みオルガンで、鍵盤の上にあるレバーを引くと、音色が変わります。


レバーには、フルートとかヴィオラって書いてますが、そんな音色にはなりません。


それよりも、レバーやペダルの動作音が素晴らしい。蓋も。


さっそくオルガンの曲を書かなきゃなあ。録音もしたいなあ。


夢が膨らみます。ぽわ〜んと。


posted by kinok at 22:50| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

チラシ

セグプロのチラシ、毎回作っているんです。

が、

無差別にばらまいてるわけではありませんので、

このブログを訪れる方でも、

「チラシなんか見たことないぞ!」

「チラシ作ってたの?」

「チラシって、すし太郎?」

ってな方がほとんどだと思います。

ので、

ここにアップしてみたりして。

ブログにチラシをアップしたって、意味ないか!


Gda.jpg


うーん、これじゃあ何のイベントだかわかりませんねえ(苦笑)

シンプルで個人的には気に入ってるんですが。。

配布しているチラシには、裏に若干の説明と問い合わせ先が書いてます。

ループラインなぎ食堂には確実に置いてますので、良かったら実物をご覧下さい。
posted by kinok at 19:01| Comment(0) | segments project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

春のセグメンツ・セミナー開催

お知らせです。


次回のセグメンツ・プロジェクトの日程が決まりました。


5月15日(金曜日)です。


今回は、参加して頂いた皆様とともに、


セグメンツの楽曲の数々を演奏しようと思っています。


参加費は、千円+1ドリンクです。


参加ご希望の方は、


segmentsproject@gmail.com


までご一報ください。


用意してもらうものがあれば、メールでお知らせします。


ふるってご参加ください!


出席者がいないと困り果てちゃうので、また情報アップしますよ!



2009年5月15日 (金曜日)


  Segments project vol.4

  [Spring Seminar 2009]

  場所:千駄ヶ谷loop-line

  料金:1,000円+1drink

  開場 19:30 開演 20:00


  出演:

  木下和重

  これを読んでいるあなた!



  お問い合わせ、予約:

  segmentsproject@gmail.com
posted by kinok at 11:15| Comment(0) | segments project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

今月末にかえる目のライヴが急遽決定

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

新年度になると、テレビの世界は大幅に様変わりするものですが、

いや〜、ひどいっすね、今回の番組編成は。

お金がないから生放送、報道、出演者のトークだのみですか。

まぁ、トークもしないのにワイプで写ってるだけの芸能人はいりませんよ。

お金がないのなら、アーカイヴですよ、過去の名作を見たい!

そんな中、私がオススメする春の新番組(?)は、



ふた子のモンチッチ


です!




さて、キュートな猿の次はキュートな蛙のお話でございます。

急な話なんですが、かえる目のライヴが決まりましたので、お知らせ。

新譜が出たばかりだというのに二ヶ月ぶりのライヴ。

メンバーの多忙ぶりがうかがえます。

予約をされた方がいいかとは思いますが、予約先が決まってませんので、

とりあえずメンバーの誰かに連絡しておいてください、とのことです。

では、私の連絡先、tenselessmusicのgmail.comまでどうぞ。

「の」は「@」に代えてくださいね。応援メッセージも添えて(笑)






[experimental music series] cafe live extra

かえる目

2009年4月26日(日)

20:00 open 20:30 start

予約 1800円+drink 当日2000円+drink

場所/パラボリカ・ビス(浅草橋)
東京都台東区柳橋2・18・11 ■TEL: 03-5835-1180
アクセス
「浅草橋」駅 JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
 江戸通りを浅草方面に進み、吉野家の角を右に曲がる。2本目の小道を左、T字路を右に入る。
地図 http://www.2minus.com/parabis_access.html

パラボリカ・ビス
http://www.2minus.com
http://www.yaso-peyotl.com/

posted by kinok at 08:44| Comment(0) | かえる目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

今月もRGBあります

いやぁ、アレを書いてからでなきゃ次の告知できないよなー
なんて思ってると、次のライヴ前日になるという失敗はもうコリゴリさんです。
なので、忘れないうちに次の次の告知をしておきます!


RGBです。



週末の進君の誕生日ライヴに鈴木監督が来てて、


「はい、かずしげ、これ。」


って言うんで何かと思えば、先月にループラインでやったRGBのDVD-Rでした。


ステージで見たあのサイケな映像が、うちのテレビから出てきた!


今それを見ております。かっこいい・・・惚れた!


鈴木監督のホワイトノイズ全開でスタート、私のアンビエントな高音ピチカート〜ハウリングノイズで画面が歪む。そして和田先生のベースがドローンを重ねてきた・・かと思えばぽつりぽつりと和音を置いてくる。。。


ぶっちゃけ何やったか覚えてなかったんですが、これがなかなかどうしてお見事な出来!


商品化される予定なので、見かけた方は是非お買い求め頂ければと!
DeAthAnovA+RGBも入っております。お得です。




では、告知です。
今回は、いつもとは変わった趣向でお送りします。
三つのトリオが鈴木監督のシステムに繋がります。
監督が演奏するのかは不明です。
ということなので、今見てるRGBとは別物ということで。
変幻自在なRGBをお楽しみください。



4月25日
場所:円盤
Charge¥1500


「------------RGB-----------」


出演:

鈴木學electronics

▼和田良春pf,b、木下和重vln、籔内誠voice
▼ユタ川崎トリオ
▼徳久ウィリアム+倍音クレイジー★岡山守治+青山雅明


RGBとは、光の3原色Red、 Green、 Blueの頭文字です。TVやPCなどのモニターはこの3原色の光強度をコントロールし、映像を投影しています。鈴木學氏の制作による本プロジェクトでは、3名の演奏家のサウンドがRGBの光強度をコントロールしプロジェクションします。今回は3つのトリオにより、このシステムの可能性を探ります。
posted by kinok at 10:11| Comment(0) | RGB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

segments 番外編、あるいは来るべき姿

昨晩、EKEは見事に復活を果たしました。
感想(雑感?)は先日のセグプロ第三回も含めて、また後日書いてみようと。



では、来週土曜日のライヴ告知です。


4/11 (土曜日)

千駄ヶ谷Loop-Line


19:00/open 19:30/start
1500円+1drink


出演
◇Tim Olive+Tom Hall
◇河野円
◇segments explosion(木下和重:violin 坂本拓也:visual)
◇大城真+sonir


[Tom Hall]
オーストラリアのブリスベンを拠点とするメディア・アーティスト。
その幅広い作品郡は、彼の持つ多様のバックグラウンドや興味を反映し様々な媒体を用いて制作されている。また、彼の活動には“日常”に主な焦点をあてた場・空間・時間の探究が含まれる。数多くの“周辺”空間から着想を得、それらを複数のアプローチによって社会と関連付け、再定義している。

[Tim Olive]
カナダ生まれ。大阪在住。12才からエレクトリック・ベースの演奏を始める。様々なジャンルの音楽に触れた後、更なる音の可能性を追究する即興演奏に辿り着く。Jeffrey Allport、Kelly Churko、西川文章、Phroq らとのプロジェクトをはじめ、日米欧で数多くの演奏家と共演している。


[河野円]
神奈川県生まれ。2000年にベースを手にしたことから始まり、2003年美学校サウンド/アート表現講座の受講を機にサンプラー・ピックアップ・テープレコーダーなどを使った演奏に取り組むようになる。現在は主に、空のテープレコーダーを使用している。


[segments explosion]

木下和重:violin 坂本拓也:visual

ブラウン管から放たれる色!
こすれる弦!ギーーー!

segments explosion!!!!!!! どんっ(衝撃)

木下和重が提唱するsegmentsとは時間構造である。
そして、様々なメディアによって構造化される時間を認識するという、
リスニングアティチュードまでも包括した実験なのである!



[大城真]
1978年、沖縄県生まれ。
ビデオカメラ、CDプレイヤー等の電子機器か、鉄板や塩ビパイプなど様々な素材をもとに制作した演奏・作曲のための楽器や道具を使ったライブパフォーマンス、またそれと平行して音/物体の振動と光の干渉に焦点をあてたインスタレーション作品の制作等を行っている。現在は坂本拓也、中村修とのaudio/visualユニットanalogic、虹釜太郎、土川藍との1080°でも活動中。

[Sonir]( SamuraiJazzウオズミユウタ Soloプロジェクト )
1978年大阪生まれ。2002年cubicmusicよりSamuraiJazz名義でアルバムをリリース。以後、自己組織化・相互作用をベースとした音楽の制作と研究に携わる。人工生命の生態系を使って、サウンドやグルーヴをライブで生み出していくという、独自のソフト「ギズモ」を使ったパフォーマンスで注目を集める。バロセロナ、ニューヨーク、コペンハーゲン、ベルファストなどで招聘されて公演。
http://www.dubdb.com/sonir/






segments explosion という、analogicの坂本君とのユニットで出演します。

このユニットは、セグメンツで書かれた楽譜に基づいてお互い演奏するんですが、

時間構造には、ある"ひょうきん"な仕掛けが施されています。

いやー、これが、見てほしい。聴いてほしい!実に馬鹿馬鹿しくて、泣けてくる。

でもセグメンツだけに、馬鹿馬鹿しいだけではないのであります。

ご期待ください。


posted by kinok at 19:29| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

EKE復活

時に逸脱するも淡々と、無機質に現れる、冷たい鉄の響きと弦の摩擦音。


そう、あの、EKEが復活します。



え?知らないの?!

いまやオプトラムなどでお馴染みの進揚一郎氏と、わたくしのユニットであります。

進氏は鉄板やワイヤー、ホイールなどの鉄ものとシンバルなどを用い、
ドラムなどにそれらを組み入れたりもします。

ヴァイオリンの木の音と鉄の音。


ヒバリから、CD-Rが一枚出ております。
http://www.ftarri.com/cdshop/goods/hibari/hmcdr-13.html




思い返せば、EKEでは色んなことやったなあ。


初期の2001年頃は、微音だけでなく、電気的増幅を伴ったバキバキの爆音ノイズもやってたなあ。


その後のスタイルは、いつも音響的側面に何らかのテーマを設定して演奏してた。
これが勉強になった。


2005年にオフサイトでやった春のリサイタルが最後だっかな?

その時は作曲作品をEKEがやるっていう企画で、

杉本拓さんに『music for violin & percussion No.1 (to EKE)』
という曲を書いてもらいました。感謝です。



私が逡巡してもズバっと切ってくれる進君に助けられ、色々と影響を受けました。



このたびのEKE復活は感慨深いですが感傷的ではありません。
ただただ楽しみなのです!!!





明日は進君の誕生日!だから入場料は無料!

パーティ!パーティ!




2009年04月04日


archetype Extra - Born on the Fourth of April -

at 千駄ヶ谷loop-line

open 18:30 start 19:00

entrance free (2 drink order / 1,000yen)



EKE
【木下和重 :Violin + 進揚一郎 :Drums & Metals】

death-logic
【DeAthAnovA + analogic(坂本拓也 & 中村修)】

destorio
【Jin Destroy!(原田仁) :Didgeridoo,LED,Stroboscope from ROVO
Naoki Murakami :Guitar,Fluorescent lamp from te_ri
DeAthAnovA :Drums,Las
posted by kinok at 20:36| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。