2008年12月31日

今年最後の更新

皆様、今年も大変お世話になりました。


今年は、我が人生において激動の一年となりました。


友人や周囲の方々の存在無くして今日の私はいないんだと


痛感するとともに、皆様への感謝はしてもしきれないほどです。


ありがとうございます!!!






さて、来年の話をすると、鬼にゲラゲラ笑われちゃうみたいですが、簡単に。

まず、RGBのライヴが1/17にあります。


2009年1月17日(土)

[RGB LIVE]

場所:高円寺 円盤 http://www.enban.org/

19:00〜 charge ¥1,500

------------- RGB --------------------
RGBとは、光の3原色 Red、Green、Blueの頭文字です。
TVやPCなどのモニターはこの3原色の光強度をコントロールし、映像を投影しています。
本プロジェクトでは、3名の演奏家のサウンドがRGBの光強度をコントロールし、会場の壁面などに投影します。


演奏者
古池寿浩 toshihiRo koike(trombone)
和田良春  yoshihaRu wada(piano,bass)
木下和重 kazushiGe kinoshita(violine)
鈴木學 manaBu suzuki(electronics)






そして、来年もセグメンツ・プロジェクトをループラインで

隔月で開催します。次回は、1月30日(金曜日)です。

裏番組がお化け番組なのですが、負けじと頑張ります。




2009年01月30日

Segments Project vol.2

[visual experiment]



open 19:30 start 20:00
price ¥2,200+1drink

performed by analogic(坂本拓也+中村修)

composed by 木下和重

program:
「48segments - blue / black - for television」
「colorful(仮)」ほか


今までの「segments」では、音/音無の差異によって時間構造を作り出して来た。
そして、第2回は、音ではない。色だ。
2台のブラウン管から発せられる、色/色無。
何色だろうか。このチラシは何色だろうか。

これは映像実験である。
色による時間構造を、是非体感していただきたい気持ち満載。


analogic(坂本拓也+中村修)
ミキサーの音声信号と映像信号のフィードバックにより、聴覚と視覚が反転し、相互干渉する現象をリアルタイムで加工するライブを行う。音と映像の境界線を曖昧にする。
また、光、色の時間構成や配置をテーマにした展示作品を制作。
DEATHNOVAこと進揚一郎(ドラム)との合体ユニット、death-logicでも活動中。





そして2月には待望の、かえる目セカンドアルバムがリリースされます!!!

皆様乞うご期待!!





では、来年もよろしくお願い致します!




木下和重
posted by kinok at 12:04| Comment(0) | live information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

蛙と馬

さて、先日告知しました、馬喰町でのかえる目ライヴ。
おかげさまで、大盛況でございました。
立ち見のお客さんもいらっしゃり、嬉しいかぎりです。
ありがとうございます!

曲数が多かったからか、かえるさんのお喋りも少なめ。
とは言っても、思わず発した言葉に反応して、迷宮に入り込むのはいつものことですが。
あれは今後、芸として成立するような気配があるのかないのかはわかりません。
が、面白いのは確かです。

馬喰町ご当地ソングでの、お客さんに手拍子とコーラスを強要するという出し物も、大成功。みなさんニコニコ、ノリノリでしたね!!このご当地ソングは、私のお気に入りの一曲です。来年早々に発売予定のセカンドアルバムに収録されておりますので、お楽しみにー。

今年のかえる目は、これにて終了。。。だけど、26日に京都で、かえる属があるようです。関西方面の方は、こちらへどうぞ!私は出ませんが!



日時:12/26(金)

場所:urbanguild
OPEN 18:00/ START 19:00
adv.1500 yen + 1drink / door 2000 yen + 1drink
来場者には羽良多平吉書容設計 “Donogoo-Tonka”0号を配布

出演:
 かえる属(かえるさん・中尾勘二)
 arico
 クルピア(本田未明・太田泉)
 ichi
 吉田省念

主催:Donogoo-Tonka





posted by kinok at 12:55| Comment(0) | かえる目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

今日

うーん、タイミングを逃してしまった。

今日、かえる目のライヴがあります。

すでに予約で定員に達したみたいですが、スタンディングでも入場できるみたいです。

だから、あきらめちゃダメ! ってことなんです。

私もあきらめずに宣伝します。


休憩挟んでの二時間たっぷりお届けします。

めちゃ濃いっすね。いったい何曲やるんでしょう???

なのに、入場料が1500円だなんて、お得(><)





●かえる目ライブ「冬眠中」

日時:2008年12月12日(金)20:00〜22:00(休憩あり)
場所:馬喰町 泰岳ビル2F
会場住所:東京都千代田区東神田1-2-10
出演者:かえる目
入場料:1500円/定員:40名(着席/予約優先)+スタンディング

予約:event@asyl.co.jpまでメールでお申込みください

http://www.centraleasttokyo.com/08/kaerumoku.html

<ライブ詳細>
行く先々で土地と催しを言祝(ことほ)ぎ、場所の記憶を捻転させるかえる目、今年も各地の記憶をけろけろ歌い、駄弁を弄します。昨年のCETライブのために作った「馬喰町」、「街の名は渋谷」、「とんかつ一代」上映のために作った「組曲とんかつ」、さらには1stアルバム収録曲「ふなずしの唄」「あの寺に帰りたい」など、新旧レパートリーを交えてたっぷり演奏いたします。
posted by kinok at 10:06| Comment(0) | かえる目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

明日です!

宣伝も行き渡らず、秘教的活動となりつつある、われらの com+position

記念すべき10回目が、明日開催されます。

江崎メンバー、竹内メンバーの書いた曲が、なんだか凄いことになってそう。
かく言う私の曲も、すでに音楽とは呼べないものになっております。


  コムポジって、よくわかんないけど何だか興味あるのよね。
  でも、よくわかんないだけに行くのはちょっと・・・


というあなた!そんなあなたに来てもらいたい!


わかんない人は不安を感じているのだと思います。
まず言いたいのは、会場は和気あいあいとしてまして、
毎回フランクなトークで、みんなゲラゲラ笑ってます。
わかんなくても入れる空気感満載でお送りしてます。

次にあると思うのが、「何やるかわかんない」、というものでしょう。
もちろんコムポジは、ちまたで聞かれるような音楽ではありません。
ヴァイオリン、トランペット、フルートの演奏者ではありますが、
最近はそれを使った曲が減る一方。。
なので、顔を真っ赤にして頑張って演奏したりってのはないです。


ですが、

(はい、ここからですよー)

音楽だと思うと、自分の知ってる音楽と比べちゃいますよね。
その結果、私が普段楽しんでる音楽とは違う=楽しめないじゃん!
みたいな図式になっちゃう人もいると思うんですよ。

まずは音楽かどうかはさておいて、起こってる出来事を見て、聴いて、体験する。
ある曲は音を用いた何かかもしれないし、またある曲は音が一切出ないかもしれない。
え?何で演奏者が外に出ちゃうの?とかね。

だから、何が今から起こるんだろう?!ってな感じだと、
三人の出し物を楽しんでいただけるんじゃないかと思っとります。


もちろん最初から、「違うから面白い!」
みたいな違いのわかる男or女ですと、コムポジは、ハマると思います!


知ってる人が出てる、知り合いに誘われた、興味のあるジャンルだ、
などの保証が無いと、なかなか初めてのイベントには行きづらいですよね。
それはよくわかります。私も少なからずそれはあります。
だけど、それを、ちょっとの勇気を持って、飛び越えてください。
あなたにとって何があるかはわかりませんが、
確実に、あなたに何かを残すことでしょう。


例えば、アートを勉強している学生さんにはもってこいじゃないでしょうか。
レポートとか書いてみませんか?
また、知的な刺激を欲してるアーティストさんにもハマること間違いない。
新たな作品のアプローチが開けるかもしれませんよ。
こちらの壷を買っていただくと、運が開けます。
開運印鑑も取り扱っております。
オリジナルジュエリーの販売や、奇跡を呼ぶ水、呪いのペンダントなど、
色々取り揃えております。

以上で、com+positionの布教活動を終わります(笑)



以下は、江崎メンバーの作ったチラシをテキストにしたもの。


com+position10*

com+posit10*

com+pos10*

co+po10*

c+p 10*

+10*

+*

*



竹内光輝
木下和重
江崎將史
compose,flute
compose, violin
compose, trumpet

15ooyen/16:3o open / 17:oo start

2oo8.12.7(sun) at chef d’oeuvre

大阪市西区阿波座1-9-12 tel. 06-6533-0770



http://complusposition.tumblr.com/

http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27004360/dtlmap/



前回までは打つ、めくる、しりとる、走る、構える、離れる、読 む、

 などと大変興味ぶかい内容が展開。実際。

 尚且つ東京に引越し、先月電撃入籍された木下氏の久しぶりの来阪で す。

 

 なにとぞひとつ皆さまのお越しをお待ちしております。


   
posted by kinok at 12:51| Comment(1) | com+position | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

segments project vol.1ご報告

関東は29歳のクリスマスで盛り上がりっておりましたが、皆さん師走をいかがおすごしでしょうか。地デジで見る29歳のクリスマスもまた格別でした。二割増です。そして昨日から、やまとなでしこが始まった!!そして今日から、アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜ですよ!!!何と言うラインナップ。非常に楽しみです。


近所の西友に行くとえんえんとクリスマス関連の曲を流してて、小一時間ぐらい頭ん中ループしてしまって気づいたら歌ってるという有様を毎日繰り返しています。きっと皆さんもそうだと思います。ちなみに、私の好きなクリスマス関連の曲は「そりすべり」です。


 さて、本題。先週の木曜、ループラインで1回目のセグメンツ・プロジェクトを行いました。プロジェクトと柄にもなく仰々しい名前にしたのは、セグメンツの記譜法を用いていろんなことやっていきたいなーと思ったから。記譜には時間構造しかなく、セグメントの内容は何でもいいですからね。音楽だけじゃなくなんでもできるんじゃないかと。実際、去年セグメンツを出してからcom+poition用に作曲したものの多くは音が無く、視覚によって時間を分離してセグメントを作っていくものでした。
 ネタは色々あるなかで、1回目は何にしようかなーと。すったもんだあって、そう言えば東京で本家セグメンツソロはしてないなと思い、ソロでやることに決定。しかも長尺もので。CDは一曲20分を3ヴァージョン収録。それを大阪では一曲15分で。今回は1ヴァージョンだけど、90分27秒。
 四楽章構成。一楽章は15分。二楽章は15分。三楽章は50分。四楽章は10分。各楽章に50セグメンツが割り当てられてて、合計で200セグメンツとなる。各楽章で時間が異なるのに同じセグメントなんで、当然ながら各セグメントの長さが変わってくる。一と二はまあそんな変わんないけど、三でぐっと長くなる。もちろん無音も。四は短いから、1秒弾いたら2秒空いて、すぐまた1秒弾いてみたいなことになって、演奏者としては忙しいったらありゃしない。90分やったのは、長時間だから凄いとかそんなことではもちろんなくて、この楽章によるセグメンツの違いを認識するために必要な時間でした。
 終わってからご来場頂いた方々とセグメンツ談義。皆さんが帰られてからは、ループラインの坂本君と今後の展望など。時間の次はスピードだよね、と意見の一致を見る。


 90分セグメンツやってみて。体力的には全然問題なかったです。あと、私の考えが少し変わりました。今までは時間構造の認識が重要なので、ソロであったり、複数でやっても同じセグメントをみんなで弾くといった、骨組みをそのまま提示するやりかたに留まってました。内容物もごくシンプルに。ここを通過してもらってセグメンツ的聴取ができないと、次に進めないと思ったから。つまり、この段階を踏まないで肉付けしちゃった物に対峙すると、従来の受容方法でアプローチされてしまうんじゃないかと危惧していたんですもの。しかし、一方向的な理解じゃなくて、肉から骨へというのもあるんじゃないかなぁと。気にせずにこれからは肉付けしていこうかと。その危惧も杞憂だったなと思えるように。



 というわけで、次回のセグメンツ・プロジェクトは、年明け、1/30(金)です。場所はもちろんループライン。出し物は、音ではありません!映像です!visual segments です!



この日記を書きながらずっと流れてたのは、河口恭吾「未来色プロポーズ」。いやあ、これは良いっすよ!名曲です。良質J-POP好きにはたまんないっす。オススメです!しかし、最近の常田真太郎(fromスキマスイッチ)の仕事は凄く良い!ゴスペラーズやミヒマルも良かった。きれいだなあ井川遥。あ、未来色プロポーズは京セラ携帯のCMに使われてて、井川遥さんが起用されてるんですよ。光子編がお気に入りです。

気になったかたは以下の京セラサイトへどうぞ!
http://namida.tv/



河口恭吾「未来色プロポーズ」


posted by kinok at 07:48| Comment(0) | segments project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする